中古車の査定額が3分でわかります。 車を買いたい方も買取 同時査定もOKです。 車を売る 際の手続きや必要書類も一発でわかります。 車を売るのはどこがいいのか、車のローンが残っているのに売れるのかなど疑問がすぐに解決します!

アストンマーティン、ヴァンキッシュ ザガートにスピードスターなど追加:リリース情報

アストンマーティンは、ザガート社とのコラボモデル『ヴァンキッシュ ザガート』ファミリーに、「スピードスター」と「シューティングブレイク」を追加すると発表した。

ヴァンキッシュ ザガートは、アストンマーティンとザガートのコラボレーションから誕生したモデル。「ヴァンキッシュS」をベースとし、最高出力600psを発生する6.0リットル自然吸気V12エンジンとタッチトロニックIII トランスミッションを組み合わせ、優れた走行性能を実現している。すでに「クーペ」とオープンモデル「ヴォランテ」が各99台限定で発売されており、いずれも完売となっている。

スピードスターは、オープントップの超高性能スポーツカー。シートの延長上に設置された流線形のカウル「スピードハンプ」は、ザガートのデザインアイコン「ダブルバブル」を表現したもの。ブレードテールライトや、フロントグリルとリヤベントメッシュに配したザガートのイニシャル「Z」モチーフなど、シリーズ共通のアイテムを配している。28台限定ですべて売約済み。2018年内の納車が予定されている。

2シーターのシューティングブレイクは、強烈な個性を備えながらも、きわめて実用的なGTとして設計。ルーフはザガートならではのダブルバブルデザインを採用し、コックピットに光を導くガラスインレイを装着する。電動式のテールゲートを開けると豪華な内装のリヤキャビンエリアが出現。ヘリンボーン柄のカーボンファイバー製フェイシアパネル、ブロンズアルマイト処理されたロータリー・コントロールのほか、「Z」モチーフのキルティングを各所に配している。限定台数は99台で、2018年の生産開始を予定している。

フィアット500X ラウンジ、170ps仕様の4WDモデルを100台限定で発売:リリース情報

FCAジャパンは、フィアットのコンパクトSUV『500X』に特別仕様車「500X ラウンジ」を設定し、8月26日より100台限定で発売する。価格は339万1200円。

外観はFFモデル「ポップスター」と「ポップスター プラス」の特徴であるアーバン志向のエクステリアデザインをベースに、アウトドアのイメージを演出するルーフレールを装着。ボディカラーはマイナーチェンジで新たに設定されたベージュ・カプチーノを採用した。

パワートレインは四輪駆動モデル「クロスプラス」のみに搭載されていた170ps仕様の1.4リットルインタークーラー付ターボエンジンおよび9速オートマチックと4×4システムを装備。クラッシュミティゲーション付前方衝突警報をはじめ、レーンデパーチャーウォーニング(車線逸脱警報)、ブラインドスポットモニター、リアパーキングカメラ、アダプティブクルーズコントロールなど、安全装備も充実させた。

フィアット500、誕生10周年記念のお買い得限定モデル発売…185万2200円:リリース情報

FCAジャパンは、フィアット『500』に誕生10周年の記念モデル「スーパーポップ 10thアニバーサリー」を設定し、8月26日より250台限定で販売する。価格は通常よりも14万5800円安い185万2200円。

フィアット500は2007年7月に誕生し、翌年3月に日本導入を開始した。2015年10月にはシリーズ初のSUV「500X」が登場、2016年1月にはマイナーチェンジを実施し、内外装のデザイン変更とともに機能面も進化。そして2017年4月、500シリーズは国内累計登録台数4万台を達成した。

今回の10周年記念限定車は、「500 1.2 ポップ」をベースに、「10th Anniversary」のエンブレムとキーリングを特別装備。ボディカラーはボサノバ・ホワイトとパソドブレ・レッドの2色を用意した。

メルセデス Sクラス新型、先進安全技術が進化…1128万円より:リリース情報

メルセデス・ベンツ日本は新型『Sクラス』を発表し、8月9日より予約受付を開始、9月上旬より順次納車を開始する。価格は1128万円から3323万円。

新型Sクラスでは、先進安全技術「インテリジェントドライブ」がさらに進化。先行車との車間距離を維持する「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック」は自動再発進機能も新たに備え、停止後30秒以内であればアクセルを踏まなくても自動的に発進する。また「アクティブステアリングアシスト」も強化。車線が不明瞭な場合や検知できない場合でも、周囲の車両やガードレール等を検知しステアリングアシストを行う。

高速道路上での車線変更をアシストする「アクティブレーンチェンジングアシスト」では、ウインカーを操作すると車両がいないことをシステムが確認し、自動で車線を変更。また、緊急時のステアリング操作をアシストする「緊急回避補助システム」、衝突時の衝撃音から乗員の耳を保護する「PRE-SAFEサウンド」などの新機能を採用したほか、交差点での車両飛び出しにも自動緊急ブレーキが作動する「アクティブブレーキアシスト」も備わり、全方位の安全性を高い次元で実現している。

また、先進的なテレマティクスサービス「メルセデス ミー コネクト」を搭載。事故検知時またはSOSボタン押下時にコールセンターが消防に連絡する「24時間緊急通報サービス」などの「安心安全サービス」、スマートフォンで車外から車庫入れ/車庫出しができる「リモートリモートパーキングアシスト」などの「快適サービス」、メルセデス・ベンツ 24時間コンシェルジュサービスなどの「おもてなしサービス」を提供する。

エクステリアでは、マルチビームLEDをメルセデスベンツとして初導入。全車ツインルーバーとなったフロントグリルやワイドなエアインテークを採用したことで、精悍でダイナミックな外観となった。LEDリアコンビネーションランプには「クリスタルルック」を採用。被視認性を確保しながらも、状況によって発光量を調整することで安全性にも寄与する。

インテリアは一体感のあるデザインコンセプトを継承しながら、大型コックピットディスプレイやタッチコントロールボタン付のマルチファンクションステアリング、カラーがゆっくりと変化し続けるマルチカラーアニメーションを搭載したアンビエントライト(64色)などを装備。フラッグシップモデルにふさわしい室内空間となっている。

ラインアップは、3リットルV6ツインターボを搭載するノーマルホイールベースの『S400』、気筒休止システムを持つ新型4リットルV8ツインターボの『S560ロング』、最新四輪駆動システムを搭載した『S560 4マチック ロング』、6リットルV12ツインターボ搭載のハイパワーモデル『S600ロング』を設定。メルセデスAMGモデルでは、「AMGシリンダーマネジメント」を採用した新型4リットルV8ツインターボを搭載する『メルセデスAMG S63ロング』、トルク可変型四輪駆動システムを装備する高性能モデル『メルセデスAMG S63 4マチック+ロング』、6リットルV12ツインターボ搭載のトップパフォーマンスモデル『メルセデスAMG S65ロング』の3モデルを設定した。

アルファロメオ、新型ジュリアを9月6日発表:リリース情報

FCAジャパンは、アルファロメオの高性能スポーツサルーン『ジュリア』を9月6日に発表する。

初代ジュリアは1962年、当時としては稀だった空気力学を取り入れたボディに、最先端のDOHCエンジンを搭載して登場。その優れた走行性能は高く評価され、欧州車のベンチマークとなった。

初代の血統を受け継いだ新型ジュリアは、次世代を見据えた新設計FRアーキテクチャーを採用し、優れた走行性能とドライビングエクスペリエンスを追求。50:50の理想的な重量配分とFRスポーツサルーンらしい上質な操縦感覚、クラストップレベルのパワーウエイトレシオを実現する。またエンジン縦置きのFRアーキテクチャーは、ジュリアのデザインにも寄与。フロントの短いオーバーハングによってダイナミックなプロポーションを際立たせている。

ボルボ創業90周年、V90 に装備充実の特別モデル…90台限定:リリース情報

ボルボ・カー・ジャパンは、『V90』にボルボ創業90周年を記念した特別限定車「90th アニバーサリー エディション」を設定し、90台限定で8月4日より販売を開始した。価格は690万円。

ボルボの第1号車『ヤコブ』が1927年にラインオフしてから今年で90周年。今回導入するV90 90th アニバーサリー エディションは、「V90 T5モメンタム」をベースに、内外装に上級装備を配した特別限定車だ。

ボディカラーはエレガントなクリスタルホワイトパール、シートカラーは新色のマルーンブラウンで、最上級本革仕様の「パーフォレーテッド・ファインナッパレザー」を採用。またインテリアカラーはチャコールを基調とし、「ダークフレームバーチウッド・パネル」を配している。

さらにインテリアを明るく開放的に演出する「チルトアップ機構付電動パノラマガラスサンルーフ」と、足回りには新デザインの18インチアルミホイールを特別装備する。

レクサス LX、一部改良…2列シート/5人乗りを新規設定:リリース情報

レクサスは、フラッグシップSUV『LX』を一部改良し、8月3日より販売を開始した。価格は1115万円。

今回の一部改良では、これまでの3列シートに加え、2列シート・5人乗り仕様を新たに設定し、ラインアップを拡充。また外板色に新色ソニッククォーツを含む全7色を設定したほか、18インチと21インチのアルミホイールは意匠を変更し、より精悍で高級感あるデザインとした。

さらに、トレーラーなどの牽引ニーズに対応するヒッチメンバーや、ドアミラー足元照明、ナノイーなどを標準設定し、機能性・利便性も向上させた。

スバル ステラ/ステラカスタム、スマアシIII採用で安全性能向上…ムーヴOEM:リリース情報

スバルは、軽乗用車『ステラ』および『ステラカスタム』を大幅改良し、8月1日より販売を開始した。価格はステラが111万2400円から139万8600円、ステラカスタムが149万0400円から174万9600円。

今回の大幅改良では、ステラカスタムのフロントマスクを刷新。フロントグリルからヘッドランプにかけてシャープな直線基調の造形とし、ヘッドランプには多灯式LED(ハイ&ロービーム)を新たに採用することで、先進感のあるデザインとした。また、フロントグリルおよびヘッドランプに専用デザインのダークメッキ加飾を採用することで、スポーティ感を強調している。

インテリアでは、ステラカスタムのインパネ周りに高質感のある加飾パネル採用し、先進感を表現した。また、新たにリヤシート背面(荷室側)にシートスライドレバーを全車に設置。後席ドアを開けることなくリヤゲート側から後席位置を調整できるため、荷物の量や大きさに合わせて荷室をより便利に使うことができる。

先進安全装備では、ステレオカメラの搭載によって衝突回避支援性能を大幅向上させた「スマートアシストIII」を標準装備(Lグレードを除く)とした。従来の「スマートアシストII」と比べて制御対象や認識範囲が拡大し、歩行者に対する衝突回避支援ブレーキ機能、ハイビームアシストが追加となった。また、クルマを真上から見ているような映像をナビゲーション画面に表示し、車両周囲の状況を把握できる「パノラミックビューモニター」をステラカスタムに設定した。

なおステラはダイハツ『ムーヴ』、ステラカスタムは『ムーヴカスタム』のOEM供給モデルとなる。

愛知県ITS推進協議会/平成29年度講演会・総会:ITS DAYS

愛知県ITS推進協議会/平成29年度講演会・総会

名古屋市中区・名古屋ガーデンパレスにて、愛知県ITS推進協議会の平成29年度講演会&総会が開催された。東京大学 次世代モビリティ研究センター長の須田義大氏が登壇し、「自動運転による公共交通と物流のITSの進化」というテーマで講演を行った。

 
東京大学 教授 東京大学 生産技術研究所 千葉実験所長 次世代モビリティ研究センター長 須田 義大 氏
東京大学 教授
東京大学 生産技術研究所 千葉実験所長
次世代モビリティ研究センター長
須田 義大 氏

講演では須田氏が代表を務める東大の次世代モビリティ研究センターにおける取り組みの概略紹介の後、次世代の自動車と自動運転に対する取り組みが紹介された。かつて自動運転は、一部の学術研究分野に限定された存在であったのが、ここ数年の環境変化により、自動運転に対するニーズはとても高くなっている。それは車を運転するドライバーと自動車メーカーだけの話にはとどまらず、保険業やサービス業、運輸業、情報通信業、行政等、自動運転の推進には多彩な分野が有機的に結びついたビジネスエコシステムが求められている、と須田氏は指摘する。自動運転の分野は、特に2015年以降、官民ともに急激な進展を遂げており、レベル0~レベル5へ向けたロードマップも既に提示されている。ほんの数年前までは「技術はあるが制度が整わない」と言っていたのが、いまはもうひっくり返っている状況だそうだ。自動運転の実証実験に関して言えば、日本は世界で一番実験しやすい国なのでは、と須田氏。
国交省によると2017年7月現在、全国10箇所で自動運転サービスの実証実験が行われる予定となっている。自動運転の普及に向けた動きは今後ますます進展していくものと予想される。

【DAYS】

ダイハツ ムーヴ、マイナーチェンジ…スマートアシストIII採用など:リリース情報

ダイハツ工業は、軽乗用車『ムーヴ』をマイナーチェンジし、8月1日から販売を開始した。価格は111万2400円から174万9600円。

新型ムーヴは、歩行者にも緊急ブレーキ対応する「スマートアシストIII」を搭載。また、4つのカメラで車両の前後左右を映すことで、上から見下ろしたような映像をナビ画面に映し出す「パノラマモニター」を採用し、安全・安心性能を向上させた。

また、ムーヴ/ムーヴ カスタムともに内外装を刷新。ムーヴではメッキフロントグリルの採用などにより、シンプルで上質なエクステリアを実現。ムーヴ カスタムでは新開発の多灯薄型LEDヘッドランプや、スモーククリアのインナーレンズを採用したリヤコンビネーションランプ、新意匠のインパネガーニッシュなどで、先進的で上質感ある内外装とした。その他、リヤシートのラゲージ側にリヤシートのスライドレバーを設定することで、使い勝手も向上させている。

サブコンテンツ

東京23区の中古車買取査定情報

Flag of Shinjuku, Tokyo.svg

新宿区

Flag of Chiyoda, Tokyo.svg

千代田区

Flag of Chuo, Tokyo.svg

中央区

Flag of Minato, Tokyo.svg

港区

Flag of Bunkyo, Tokyo.svg

文京区

Flag of taito, Tokyo.svg

台東区

Flag of sumida, Tokyo.svg

墨田区

Flag of Koto, Tokyo.svg

江東区

Flag of Shinagawa, Tokyo.svg

品川区

Flag of Meguro, Tokyo.svg

目黒区

Flag of Ota, Tokyo.svg

大田区

Flag of Setagaya, Tokyo.svg

世田谷区

Flag of Shibuya, Tokyo.svg

渋谷区

Flag of Nakano, Tokyo.svg

中野区

Flag of Suginami, Tokyo.svg

杉並区

Flag of Toshima, Tokyo.svg

豊島区

Flag of Kita, Tokyo.svg

北区

Flag of Arakawa, Tokyo.svg

荒川区

Flag of Itabashi, Tokyo.svg

板橋区

Flag of Nerima, Tokyo.svg

練馬区

Flag of Adachi, Tokyo.svg

足立区

Flag of Katsushika-ku, Tokyo.svg

葛飾区

Flag of Edogawa, Tokyo.svg

江戸川区

大阪市の区別車種別買取り査定

asahiku
旭区
abenoku
阿倍野区
ikunoku
生野区
kita
北区
konohana
此花区
jyoto
城東区
suminoe

住之江区

sumiyoshi
住吉区
taisho
大正区
chuo
中央区
tsurumi
鶴見区
tennoji
天王寺
naniwa
浪速区
nishi
西区
nishinari
西成区
nishiyodogawa
西淀川区
higashinari
東成区
higashisumiyoshi
東住吉区
higashiyodogawa
東淀川区
hirano
平野区
fukushima
福島区
minato
港区
miyakojima
都島区
yodogawa
淀川区

 

 

Count per Day

  • 17711総閲覧数:
  • 17今日の閲覧数:
  • 10昨日の閲覧数:
  • 816月別閲覧数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2015年3月21日カウント開始日:
bookmark

インターネットエクスプローラー用です

RSS

このページの先頭へ