中古車の査定額が3分でわかります。 車を買いたい方も買取 同時査定もOKです。 車を売る 際の手続きや必要書類も一発でわかります。 車を売るのはどこがいいのか、車のローンが残っているのに売れるのかなど疑問がすぐに解決します!

アウディ SQ5 も新型で登場、3Lエンジン搭載の高性能バージョン:リリース情報

アウディ ジャパンは、『Q5』シリーズの高性能バージョン『SQ5』をフルモデルチェンジし、10月2日より発売する。価格は887万円。

新型SQ5は、過給システムを機械式スーパーチャージャーからツインスクロールタイプのターボチャージャーに変更した新設計の3.0 TFSIエンジンを搭載。354psの最大出力、500Nmの最大トルクを発生すると同時に、レスポンスも向上。0~100km/h加速5.4秒という動力性能を発揮しながら、アウディ独自の燃焼方式「Bサイクル」を採用することで、燃費効率も10%改善している。

クアトロシステムは、高いトルク伝導効率と小型軽量が特長の「セルフロッキング センターディファレンシャル」タイプを採用。従来よりも幅広い領域にわたって前後トルク配分を変化させることができ、一般的な運転状況では、エンジンパワーを後輪に60%、前輪に40%に配分し、標準設定のダンピングコントロール機能付きスポーツサスペンションと合わせて、よりスポーティーなハンドリング性能を堪能できる。

外観では、専用のシングルフレームグリル、大胆なデザインのバンパー、20インチ5ツインスポークアルミなどがスポーティーさを強調。インテリアでは、ステアリングホイールやシートに施された対照色の飾りステッチや、カーボン仕上げのデコラティブパネルなどにより、ダイナミックな雰囲気を演出している。

予防安全システムは、車線変更時の安全を確保する「アウディサイドアシスト」や、追突の危険性を検知するとフロントのシートベルトを自動的に巻き上げて注意喚起を行う「アウディプレセンスリヤ」なども標準装備。ヘッドライトはマトリクスLEDヘッドライトで、フロント/リヤともにLEDのダイナミックターンインジケーターを装着する。

アウディ新型Q5、250台限定の1stエディション発売…704万円より:リリース情報

アウディ ジャパンは、新型『Q5』シリーズ誕生を記念した特別仕様「Q5 1stエディション」を設定し、250台限定で10月2日より発売する。価格はアイビスホワイト仕様が704万円、その他のメタリックカラー仕様が713万円。

限定車は、新型Q5 2.0 TFSIクアトロをベースにS line仕様のエクステリアを採用。精悍なイメージのバンパー、コントラストデザインの20インチアルミと255/45 R20サイズのタイヤ、LEDヘッドライとLEDリヤダイナミックインジケーターを採用したテールランプを装備。インテリアではパーシャルレザーのシート、アルミランバス仕上げのデコラティブパネル、S lineのロゴ入りドアシルトリムなどを備える。

ボディカラーは、アイビスホワイト、ミトスブラックメタリック、ナバーラブルーメタリック、モンスーングレーメタリックの4色を設定、インテリアカラーは全てブラックとなる。

アウディ Q5、初のフルチェン…10月2日より発売 657万円:リリース情報

アウディ ジャパンは、ミッドサイズSUV『Q5』を8年ぶりにフルモデルチェンジし、10月2日より販売を開始する。価格は657万円。

2世代目となる新型Q5は、新アーキテクチャ「MLB Evo(モジュラーロンギチューディナルマトリックスエボ)をベースに、デザイン、メカニズムを一新。ボディサイズをやや拡大しながら、徹底した軽量設計により、車両重量を従来型比60kg削減した。

パワートレインは、最高出力を先代比28ps増の252psに高めた2.0リットル4気筒直噴ターボエンジンと7速Sトロニックを組み合わせ、新システムを採用したクアトロ4WDシステムにより駆動。優れた運動性能を発揮するとともに、燃費は13.9km/リットル(JC08モード)と11%改善させている。

シャシーは、新開発の電動パワーステアリングと、前後に5リンクのサスペンションを採用し、ハンドリングと乗り心地を高度なレベルで両立。オプションで新開発のエアサスペンションも設定、「リフト/オフロード」「オールロード」モードを含む7つのセッティングが選択でき、舗装路からオフロードまで幅広い走行条件に対応する。

テクノロジー面では、歩行者検知機能付き衝突軽減システム「アウディプレセンスシティ」などの予防安全システムに加え、「アダプティブクルーズコントロール(ACC)」を全車標準装備。また、デジタル多目的ディスプレイ「アウディバーチャルコクピット」や「マトリックスLEDヘッドライト」などをQ5シリーズで初設定する。

また、最新のコネクティビディー機能も搭載。MMIタッチナビゲーションを介して、アウディコネクトによるインターネットからの情報サービスやWi-Fiスポット機能、スマートフォンインターフェイスなどを標準装備。また、今年からスタートした「セーフティ&サービス」も搭載され、「SOSコール」「オンラインロードサイドアシスタンス」「メンテナンスリクエスト」「マイカーマネージャー」の4機能を提供する。

アウディ、Q3など3モデルを一部改良…標準装備やオプション充実:リリース情報

アウディ ジャパンは、アウディ『Q3』『TTS』『TT RS』の仕様を一部変更し、9月20日より発売する。

今回、「Q3 2.0 TFSI 180ps」にアウディパーキングシステム、リヤビューカメラ、シートヒーターを標準装備し、S lineパッケージの内容も充実させた。「Q3 1.4 TFSI sport」には、オートマチックエアコンディショナーや運転席電動シート、シートヒーター(フロント)が付いたコンフォートパッケージ(15万円)のオプションを追加、S lineエクステリアの内容も充実させた。また、今回の変更に伴い、「Q3 2.0 TFSI 220ps」の設定を廃止した。

TTSではアウディパーキングシステムを標準化し、TT RSでは速度リミッターの設定を280km/hに変更。また、TT全モデルにスマートフォンインターフェースとUSBケーブルを追加し、コネクト機能の充実を図った。

ジープ レネゲード、国内導入2周年を記念したお買い得な限定モデルを発売:リリース情報

FCAジャパンは、ジープのスモールSUV『レネゲード』に、国内導入2周年を記念した特別仕様車「2nd アニバーサリーエディション」を設定し、9月23日より100台限定で発売する。

限定車は、1.4リットルターボエンジンと6速デュアルクラッチを搭載する「ロンジチュード」をベースとし、ボディカラーは人気のアルパインホワイトを採用。インテリアは同ボディカラーには設定のないブラックを組み合わせ、落ち着いた雰囲気に仕上げた。

特別なカラーコーディネーションを実現しながら、価格はベース車よりも17万2800円安い279万7200円。さらに成約者には、スイス製の大人向けキックボード「マイクロ・ホワイト・インターロック」をプレゼントする。

ルノー カングー ラ・タント・イレーズ、仏流アウトドアを楽しむ限定モデル:リリース情報

ルノー・ジャポンは、フランス流のアウトドアの楽しみ方を提案する特別仕様車、ルノー『カングー ラ・タント・イレーズ』を設定し、9月14日から60台限定で発売した。価格は274万円。成約記念品として、ラ・タント・イレーズ製のテント、限定スウェットパーカー、限定カップルバッグをプレゼントする。

限定車は、テントを中心としたバックや雑貨、アパレルなどシンプルながらオリジナリティの高いフレンチデザインの商品を展開する、パリ・マレ地区発のライフスタイルブランド「ラ・タント・イレーズ」とのコラボレーションモデル。森をイメージしたグリーンの専用ボディカラーに、ラ・タント・イレーズがデザインした、水面に映るテントをイメージした専用デカール、専用シートカバー、アームレストカバー、そして便利なマルチルーフレールなどを装備する。

レクサス NX、マイナーチェンジ…デザイン進化や安全装備充実:リリース情報

レクサスは、クロスオーバーSUV『NX300h/NX300』をマイナーチェンジし、9月14日に発売した。価格はNX300が440万円から532万円。NX300hが504万円から596万円。

外観はは、フロントバンパーを鋭く低重心な造形とするとともに、スピンドルグリルにレイヤー状のデザインを採用し、シャープかつスポーティな表情へと進化。リヤも新デザインのコンビネーションランプを採用するなど、よりワイドで立体的な造形とした。

内装は、HUDと一体化したメーターフードや、シンプルかつ機能的なスイッチ配置としたセンタークラスターなど、質感の高さと先進性を追求。ナビディスプレイは10.3インチに拡大したほか、タッチパッドを大型化した新型リモートタッチを採用し、ナビやオーディオの操作性を向上させた。

走行面では、サスペンションのチューニングで車体のロール特性や操舵に対する応答性を向上させたほか、アブソーバーの変更、新型AVSの採用などで優れた操縦安定性と乗り心地を実現。またドライブモードセレクトにカスタムモードを新たに設定し、パワートレーン、シャシー、空調の各制御の組み合わせをカスタマイズ可能とすることで、ドライバーの好みに応じた走りを実現する。

安全面では予防安全パッケージ「レクサス セーフティシステム+」を新たに採用。歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ「プリクラッシュセーフティ」、車線逸脱を防ぐ「レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御機能付)」、一定の車間距離で追従走行できる「レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)」、先行車や対向車を遮光し、ハイビームを照射する「アダプティブハイビームシステム」を装備する。

シャトル、一部改良…ホンダセンシングを全タイプに標準装備:リリース情報

ホンダは、コンパクトステーションワゴン『シャトル』を一部改良、安全運転支援システム「ホンダ センシング」を全タイプに標準装備し、9月15日より発売する。価格は177万0120円から263万1960円。

今回の一部改良では、ホンダ センシングを全タイプに標準装備。自動ブレーキ、誤発進抑制機能などに加え、車線の中央に沿った走行をアシストする「車線維持支援システム(LKAS)」や、前走車との車間距離を適切に保つ「アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)」などで快適な運転をサポートする。

また、ハイブリッドモデルおよびガソリンモデルのパワートレーンにきめ細かなチューニングを実施。ハイブリッドモデルではクラストップの34.4km/リットル(JC08モード)の低燃費を達成するとともに、両モデルともスムーズな加速フィールを実現している。

そのほか、2段階に深さ調節できるドリンクホルダーやLEDフォグライトを採用。さらにスマホの音楽再生や通話、マップアプリの操作などをナビ画面や音声で行える「Apple CarPlay」と「Android Auto」に新たに対応した。

スズキ、新型スイフトスポーツを発売…183万6000円より:リリース情報

スズキは、コンパクトハッチ、新型『スイフトスポーツ』を9月20日より発売する。価格は6MTが183万6000円、6ATが190万6200円。

3代目となる新型スイフトスポーツは、低回転から高トルクを発揮する1.4リットル直噴ターボ「K14C型ブースタージェット エンジン」を搭載。小排気量ながら140psの最高出力、230Nmの最大トルクで2.2リットル自然吸気エンジン相当の力強さを発揮する。また、点火制御とターボ過給圧制御を専用チューニング。アクセル操作に対する反応を高め、幅広い回転域で鋭い加速を実現した。さらに、軽量高剛性な新プラットフォーム「ハーテクト」採用による70kgの軽量化、新開発サスペンションなどにより高い動力性能とハンドリング性能を実現する。

外観では、専用バンパー&グリルや、軽快さと空力性能を追求したルーフエンドスポイラーを採用。卓越した性能を感じさせる力強いデザインとした。インテリアでは、専用セミバケットシートや専用メーターを採用。メーター中央にはブースト計と油温計を追加した4.2インチマルチインフォメーションディスプレイを備える。

安全面では、スズキ初採用となる車線逸脱抑制機能をはじめ、単眼カメラとレーザーレーダーで前方の歩行者や車を検知して衝突時の被害を軽減する「デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」をメーカーオプション設定する。

トヨタ FJクルーザー 生産終了、ファイナルエディション発売へ…349万2720円:リリース情報

トヨタ自動車は、生産終了が予定されている『FJクルーザー』に特別仕様車「ファイナルエディション」を設定し、10月16日に発売する。価格は349万2720円。

ファイナルエディションは、特別設定色のベージュを、外板色やシート表皮、センタークラスターガーニッシュなどに採用。また、内外装の随所にブラック塗装を施したほか、20インチアルミホイールやサイドステップなどを特別装備し、魅力的な仕様とした。

サブコンテンツ

東京23区の中古車買取査定情報

Flag of Shinjuku, Tokyo.svg

新宿区

Flag of Chiyoda, Tokyo.svg

千代田区

Flag of Chuo, Tokyo.svg

中央区

Flag of Minato, Tokyo.svg

港区

Flag of Bunkyo, Tokyo.svg

文京区

Flag of taito, Tokyo.svg

台東区

Flag of sumida, Tokyo.svg

墨田区

Flag of Koto, Tokyo.svg

江東区

Flag of Shinagawa, Tokyo.svg

品川区

Flag of Meguro, Tokyo.svg

目黒区

Flag of Ota, Tokyo.svg

大田区

Flag of Setagaya, Tokyo.svg

世田谷区

Flag of Shibuya, Tokyo.svg

渋谷区

Flag of Nakano, Tokyo.svg

中野区

Flag of Suginami, Tokyo.svg

杉並区

Flag of Toshima, Tokyo.svg

豊島区

Flag of Kita, Tokyo.svg

北区

Flag of Arakawa, Tokyo.svg

荒川区

Flag of Itabashi, Tokyo.svg

板橋区

Flag of Nerima, Tokyo.svg

練馬区

Flag of Adachi, Tokyo.svg

足立区

Flag of Katsushika-ku, Tokyo.svg

葛飾区

Flag of Edogawa, Tokyo.svg

江戸川区

大阪市の区別車種別買取り査定

asahiku
旭区
abenoku
阿倍野区
ikunoku
生野区
kita
北区
konohana
此花区
jyoto
城東区
suminoe

住之江区

sumiyoshi
住吉区
taisho
大正区
chuo
中央区
tsurumi
鶴見区
tennoji
天王寺
naniwa
浪速区
nishi
西区
nishinari
西成区
nishiyodogawa
西淀川区
higashinari
東成区
higashisumiyoshi
東住吉区
higashiyodogawa
東淀川区
hirano
平野区
fukushima
福島区
minato
港区
miyakojima
都島区
yodogawa
淀川区

 

 

Count per Day

  • 19799総閲覧数:
  • 12今日の閲覧数:
  • 15昨日の閲覧数:
  • 1284月別閲覧数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2015年3月21日カウント開始日:
bookmark

インターネットエクスプローラー用です

RSS

このページの先頭へ