アウディジャパンは、『A4』および『A4アバント』のモデルの設定と装備を一部変更し、11月16日より販売を開始した。 今回の一部変更では、A4/A4アバントの主力グレード「1.4 TFSIスポーツ」に、アダプティブクルーズコントロール、アウディアクティブレーンアシスト、3ゾーンオートマティックエアコンディショナーなどを標準装備。スポーティさを強調する「S line パッケージ」も選択可能とした。価格はセダンが515万円、アバントが544万円。それぞれ37万円アップした。 2.0Lモデルについては、セダン/アバントともに、従来のベースグレードに代わり、スポーツバンパーや17インチアルミホイール、スポーツサスペンションなどの装備の充実した「2.0 TFSI スポーツ」を設定した。価格はセダンがFF 556万円、クアトロが624万円。アバントはFFが585万円、クアトロが653万円。