FCAジャパンは、アルファロメオの高性能スポーツサルーン『ジュリア』を9月6日に発表する。 初代ジュリアは1962年、当時としては稀だった空気力学を取り入れたボディに、最先端のDOHCエンジンを搭載して登場。その優れた走行性能は高く評価され、欧州車のベンチマークとなった。 初代の血統を受け継いだ新型ジュリアは、次世代を見据えた新設計FRアーキテクチャーを採用し、優れた走行性能とドライビングエクスペリエンスを追求。50:50の理想的な重量配分とFRスポーツサルーンらしい上質な操縦感覚、クラストップレベルのパワーウエイトレシオを実現する。またエンジン縦置きのFRアーキテクチャーは、ジュリアのデザインにも寄与。フロントの短いオーバーハングによってダイナミックなプロポーションを際立たせている。