プジョー・シトロエン・ジャポンは、CセグメントMPVのシトロエン『C4ピカソ』に特別仕様車「ワイルドブルー」を設定し、120台限定で4月2日より販売を開始した。

今回のワイルドブルーは、昨年10月に発売した「デューンベージュ」に続く第2弾となる特別内装仕様で、シートカラーは豊かな大西洋やアマゾンの大自然をイメージした深いブルーグリーンを採用。シートカラーに合わせたアクセントカラーをインナードアハンドルにも添え、フランスらしいインテリアコーディネートも特徴だ。テーマはアクティブ。濃密で刺激的な時間を過ごすファミリーを荷物と一緒に週末のプチバカンスへと誘う。

パワーと燃費を両立したクリーンディーゼルの7シーターをベースとし、シトロエンブランドの標榜するコンフォートと実用的なテクノロジーを詰め込んだ。パノラミックガラスルーフとハンズフリー電動テールゲートの快適装備に加え、フロントアクティブランバーサポート、ダッシュボードまわりのクローム加飾、ステップガード、フロアマット、さらに2?3列目シートを畳んだ際にフロアをフラットにできるリジッドボードといった車中泊にもうれしい装備が追加されている。

価格は395万円。ベース車両との価格差はわずか3万円。外装色は、ブランバンキーズ、サーブル、ラズーリブルーの3色を設定した。
Source: MOTOR DAYS 最新コンテンツ