ホンダは、コンパクトステーションワゴン『シャトル』を一部改良、安全運転支援システム「ホンダ センシング」を全タイプに標準装備し、9月15日より発売する。価格は177万0120円から263万1960円。 今回の一部改良では、ホンダ センシングを全タイプに標準装備。自動ブレーキ、誤発進抑制機能などに加え、車線の中央に沿った走行をアシストする「車線維持支援システム(LKAS)」や、前走車との車間距離を適切に保つ「アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)」などで快適な運転をサポートする。 また、ハイブリッドモデルおよびガソリンモデルのパワートレーンにきめ細かなチューニングを実施。ハイブリッドモデルではクラストップの34.4km/リットル(JC08モード)の低燃費を達成するとともに、両モデルともスムーズな加速フィールを実現している。 そのほか、2段階に深さ調節できるドリンクホルダーやLEDフォグライトを採用。さらにスマホの音楽再生や通話、マップアプリの操作などをナビ画面や音声で行える「Apple CarPlay」と「Android Auto」に新たに対応した。