ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ジャガーのスポーツサルーン『XE』2018年モデルの受注を11月17日より開始した。価格は451万円から839万円。 2018年モデルでは、新開発の2リットル直列4気筒エンジン3種類(最高出力200ps、250ps、300ps)を新たに導入。最新技術を採用し、高効率のパフォーマンスを生み出す。このほか、最高出力380psの高性能モデル「S」や、AWDモデルを追加した2リットル直列4気筒ディーゼルモデル「ピュア」「プレステージ」「R-スポーツ」など、全14モデルをラインアップする。 安全面では、歩行者検知機能付きの自動緊急ブレーキ(AEB)のほか、サラウンドカメラシステムを強化したフォワードトラフィックディテクション、車線変更時の衝突回避をサポートするブラインドスポットアシストを新たに採用。また、インフォテインメントシステム「インコントロール タッチプロ」には、運転席と助手席で異なるコンテンツを見ることができるデュアルビュー機能を搭載する。さらにオプションで通信機能を新たに導入。ドアロックや解除、エアコン操作、走行履歴や車両状態の確認などをスマートフォンで遠隔操作できるほか、緊急時にはスマートロードサイドアシスタンスやSOS緊急コールに繋ぐこともできる。 また同時にコレクターズエディション第2弾「XE SV プロジェクト8」も受注を開始。最高出力600psを発生する5リットルV型8気筒スーパーチャージドエンジンを搭載し、0-100km/h加速は3.3秒、最高速度約322km/hに達する。ボンネット、バンパー、フェンダー、サイドスカート、フロントスプリッター、リアエアロウィングにはカーボンファイバーを使用し、車両重量を最小限に抑えている。 車高は公道仕様と15mm低いサーキット仕様の2種類を用意する。2シーターのサーキット仕様では、カーボンファイバーレーシングシートをオプション装着でき、シートは4点式コンペティションハーネスで固定。リアシートの代わりに、マルチポイントハーネスのリテンションフープを設置する。公道仕様では、オイスターコントラストステッチを施した4席のエボニーレザーシートを装備。フロントは軽量マグネシウムフレームを採用したパフォーマンスシートを搭載している。価格は2181万円。