スバルは、同社のモータースポーツ統括会社、スバルテクニカインターナショナル(STI)と『WRX STI』をベースに共同開発した高性能モデル『S208』を450台限定で発売すると発表した。 価格は標準仕様(限定100台)が626万4000円、NBRチャレンジパッケージ(同350台)はドライカーボントランクスポイラー装着モデルが689万0400円、ドライカーボンリヤスポイラー装着モデルが710万6400円。購入には、10月26日?11月12日までに販売店での商談エントリーが必要。応募多数の場合は抽選となる。 エンジンは、専用チューニングを施し、最高出力329psを発揮。足回りは、11:1のクイックなステアリングギア比、フレキシブルタワーバーはじめSTI独自のパーツ類に加え、フロントには可変減衰力サスペンションDampMatic IIとフロント+リヤのアクティブトルクベクタリングの効果により強靭でしなやかな乗り味とシャープなコーナリングを実現する。またSTI製BBS 19インチ鍛造アルミホイールや255/35R19タイヤ、ドライカーボントランクリップスポイラーの採用により走行性能も向上させた。 外観には、大型フロントアンダースポイラーやS208オーナメント付のメッシュタイプフロントグリル、インテリアにもSTI製RECAROバケットタイプフロントシートや専用スポーツメーターを採用するなど、特別な仕様を施した。また、WRX STIが参戦を続けるニュルブルクリンク24時間レースを想起させるモデルとして、ドライカーボンルーフやS208ロゴ入りのドライカーボンリヤスポイラーを採用した「NBRチャレンジパッケージ」を限定350台で設定した。 外板色は、WRブルー・パール、クリスタルホワイト・パールの2色を採用。NBRチャレンジパッケージではクールグレーカーキを設定する。