トヨタ自動車は、『クラウン アスリート』シリーズに特別仕様車「J-フロンティア リミテッド」を設定し、8月28日より販売を開始した。価格は454万6800円から519万4800円。 特別仕様車は、アクセルペダル踏み間違い時の衝突被害軽減に寄与する安全機能インテリジェントクリアランスソナー(ICS)を特別装備。外観は漆黒メッキ加飾を施したフロントグリルをはじめ、ブラック塗装のフロントフォグランプベゼルやリヤバンパーロアスポイラーに加え、随所にダークスモークメッキ塗装を施すなど、黒を基調としたアクセントを取り入れ、スポーティさと力強さを高めている。 内装にはブラックレイヤーウッドステアリング(本杢目)のほか、滑らかな風合いのウルトラスエードと本革を組み合せた専用シート表皮(特別設定色アイアンブラック)などを採用し、シックで落ち着いた室内空間を創出。さらに、アルミペダル(アクセル・ブレーキ)を特別装備し、スポーティさを強調している。 なお今回の特別仕様車は、経済産業省、国土交通省など政府が官民連携で推奨する安全運転サポート車のうち、高齢運転者に特に推奨する「セーフティ・サポートカーS(サポカーS)」の「ワイド」に相当する。