トヨタ自動車は、『ポルテ』と『スペイド』を一部改良するとともに、特別仕様車「ポルテ ア・ラ・モード・ブラン」「スペイド F クイーンIII」を設定し、12月11日より発売した。価格は182万8440円から212万8680円。特別仕様車はともにFFが199万4760円、4WDが214万5960円。 今回の一部改良では、スマートエントリーパッケージを全車に標準装備。ポルテは内装色フロマージュの挿し色をブラッドオレンジにして落ち着いた室内空間としたほか、ボディカラーに新色アクアブルーメタリック、ブルーメタリックを加え、全9色を設定した。スペイドはボディカラーに新色フレッシュグリーンマイカメタリック、ブルーメタリックを加えた全9色を設定した。 特別仕様車は両モデルともにファスナー式で簡単に脱着でき、丸洗いが繰り返し可能なウォッシャブルカバーシート、スーパーUVカットパッケージ、HIDパッケージを特別装備し、機能性を向上。ポルテ ア・ラ・モード・ブランは内装色をフロマージュとし、天井とウォッシャブルカバーシートは千鳥格子柄をあしらった専用デザインを採用し、挿し色のブラウンを随所に配置することで、落ち着いたお洒落な空間を演出。またボディカラーには、アクアブルーメタリック、チェリーパールクリスタルシャイン、ホワイトパールクリスタルシャイン、クリームベージュの4色を設定した。 スペイド F クイーンIIIは、内外装の一部にメッキ加飾を施し、専用意匠のデジタル式センターメーターを採用したドレスアップパッケージも特別装備した。室内は内装色をブラックとし、天井とウォッシャブルカバーシートは千鳥格子柄をあしらった専用デザインとするなど、上質な室内空間を演出。ボディカラーには、ブラック(特別設定色)、ホワイトパールクリスタルシャイン、ボルドーマイカメタリック、ブラッキッシュアゲハガラスフレークの4色を設定した。