FCAジャパンは、フィアット『500』の限定車「500S マヌアーレ」を、6月9日より全国のフィアット正規ディーラーにて100台限定で販売する。

限定車は、高出力で低燃費、かつ独特のエンジンフィールを特長とする直列2気筒ツインエアエンジンに、マニュアルトランスミッションという限定車ならではの組み合わせを実現した1台となっている。

「マヌアーレ」は、自ら操るを意味するイタリア語だ。その名の通り、500S マヌアーレは、マニュアル車の人気が高いイタリア流の車の楽しみ方を提案する限定車。小粋なコンパクトボディを自在に操りながら軽やかに街を駆け抜ける、爽快な気分を堪能できる。

ボディカラーは、マットな仕上げが新鮮なアルペングリーンと、爽やかなイタリアブルーの2色を設定。さらに足元には、スポーティな走りを予感させるダークグレーのアルミホイールを採用している。

インテリアは、ボディカラーに応じてアクセントカラーをあしらった500S専用のファブリックシートやインストルメントパネル、レザースポーツステアリングホイールなどを採用。ドライバーを高揚させる、イタリアらしい遊びのこだわりに満ちた1台に仕上がっている。

価格は239万円。
Source: MOTOR DAYS 最新コンテンツ