ホンダは、コンパクトSUV『ヴェゼル』に、安全運転支援システム「ホンダ センシング」を全タイプで標準装備するとともに、デザインの進化や加速フィールの向上を図り、2月16日に発売する。価格は207万5000円から292万6000円。

今回のモデルチェンジでは、先進感と力強さを際立たせたエクステリアや、上質感と心地よさを追求したインテリアなど、デザインに一層の磨きをかけるとともに、ハイブリッドモデルに採用している「スポーツ ハイブリッド i-DCD」にきめ細かなチューニングを施し、さらにスムーズな加速フィールを実現した。

ヴェゼルの特長である、センタータンクレイアウトがもたらす大きな荷室やミニバン並みのゆとりあるリア席空間はそのままに、細部をさらに熟成することで、商品の魅力を一段と高めている。
Source: MOTOR DAYS 最新コンテンツ