ボルボ・カー・ジャパンは、2代目となるミッドサイズSUV、新型『XC60』を10月16日より発売した。価格は599万円から884万円。 新型XC60は、3つのステアリング・サポート機能を新たに標準搭載。「ステアリング・サポート(衝突回避支援機能)」では、ブレーキ介入のみでは衝突を避けられない状況で、車両、サイクリスト、歩行者、大型動物を検知し、ドライバーが回避行動を取った時点で操舵力を補い、場合によっては内輪にブレーキをかけ、衝突回避を支援する。「オンカミング・レーン・ミティゲーション(対向車線衝突回避支援機能)」は、対向車が接近しているときに対向車線へ意図しないはみ出しを検知すると、ステアリングを自動で操作し、自車を対向車線から走行車線に戻すよう支援する。「ステアリングアシスト付BLIS(後車衝突回避支援機能付BLIS)」では、他車の存在に気づかずに車線から逸脱した場合などに、ステアリングを自動で操作し車両を車線内に戻すよう支援する。さらに自動運転「レベル2」相当となる、アシスト機能を追加。全車速追従機能付ACCを設定した140km/h未満の速度域にて、運転支援機能「パイロット・アシスト」を作動させると、わずかなステアリング操作で車線の中央を保持できるよう支援する。 外観は、ボンネットをシャープな稜線と曲線で立体的に造形し、ボディサイドパネルは、曲線に深い彫りを組み合わせた造形で構成。機能的かつ美しいデザイン表現とした。また力強い縦長のリアライトはシグネチャーデザインとしてショルダー部を強調、ボルボのアイデンティティを継承している。内装は、コントラストステッチを施したテイラードダッシュボード、高級ガラスメーカーのクリスタルを使用したシフトノブ、木目が美しい流木からデザインコンセプトを取り入れたドリフトウッドなどを取り入れ、スカンジナビアンデザインを表現した。 パワーユニットは、ガソリンエンジン、クリーンディーゼル、プラグインハイブリッドの3種類を用意し、いずれも高効率の8速ATと電子制御AWDを組み合わせた。ガソリンエンジンは最高出力320psを発生する2.0リットル4気筒スーパーチャージャー直噴ターボ「T6」、最高出力254psの2.0リットル4気筒直噴ターボ「T5」の2種類を、クリーンディーゼルは最高出力190psを発生する2.0リットル4気筒ターボ「D4」を設定。さらにDrive-E 2.0リットル4気筒スーパーチャージャー直噴ターボエンジンと電気モーターを組み合わせたユニットを搭載するプラグインハイブリッドを設定。システムトータルで318ps+87psの大出力と15.7km/リットル(JC08モード)の燃費性能を実現する。