ボルボ・カー・ジャパンは、新型コンパクトSUV『XC40 T5 AWD R-デザイン 1st エディション』を300台限定で発売、予約注文の受付を開始した。価格は559万円。

XC40は新開発の小型車向けプラットフォーム「CMA」を初採用。限定モデルは最高出力252ps、最大トルク350Nmを発生する高効率2.0リットル直列4気筒ターボエンジンと8速ATの組み合わせとなる。

エクステリアは、よりスポーティでカジュアルなスタイリングを採用。フロント、ボンネット、ボディサイドパネルは、曲線に深い彫りを組み合わせた大胆な造形で構成し、細部までエッジを効かせた都会にマッチするデザインとなっている。またインテリアは、90シリーズや新型XC60と同様の9インチ縦型タッチパネルを採用した新世代SENSUSを装備するなど、高い実用性と洗練を高次元で両立させている。

安全面では、「歩行者・サイクリスト検知機能付衝突回避・軽減フルオートブレーキシステム」、「全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロール」、「ブラインドスポットインフォメーションシステム」のほか、「オートブレーキ機能付クロストラフィックアラート」を追加した16種類以上の先進安全・運転支援技術を含む「インテリセーフ」を標準装備する。

ボルボ・カー・ジャパンでは今後、300万円台後半から500万円台後半の価格帯でラインアップを充実させ、順次発売していく計画だ。
Source: MOTOR DAYS 最新コンテンツ