メルセデス・ベンツ日本は、最上級セダン『Sクラス』に新技術「ISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)」を搭載した「S450」など3モデルを追加し、3月1日より予約注文の受付を開始した。納車は4月頃の予定。(S450ロングは夏頃)

今回発売するのは、「S450」のほか、装備を充実させた「S450エクスクルーシブ」、13cm全長を伸ばし、後席空間を広げた「S450ロング」の3モデル。バランスに優れコンパクトな新型直列6気筒エンジンとISG、48V電気システムおよび電動スーパーチャージャーなど、新技術を搭載し、効率性、快適性、高性能化を同時に実現している。

新技術ISGは、エンジンとトランスミッション間に配置した電気モーターと48V電気システムで構成。電気モーターは最高出力16kW、最大トルク250Nmを発生するほか、オルタネーターとスターターの機能も兼ね備える。ISGは従来のハイブリッド車のような回生ブレーキによる発電を行い、約1kWhのリチウムイオンバッテリーに充電。エンジン低回転時にはその電力を利用して動力補助を行うことで、高い効率性と力強い加速を実現する。また、スターターを高出力な電気モーターとしたことで、エンジン始動時の振動を抑制。エンジンスタートおよびアイドリングストップの際の再スタートの快適性を向上させた。

今回の3モデルに搭載される新型「M256」エンジンは、単体で最高出力367ps、最大トルク500Nmを発生。メルセデスベンツにとって1997年以来約20年ぶりの直列6気筒エンジンの採用となり、電動化を前提にして設計された初めてのパワーユニットとなる。直列エンジンの採用によりエンジン左右のスペースに補器類を配置することが可能になったことに加え、従来はエンジン回転を動力源としていたエアコン、ウォーターポンプなども電動化されたため、エンジン前部のベルト駆動装置が不要となり、よりコンパクトなエンジンになった。

さらに排気によるターボチャージャーが効果を出しづらい、低回転域で過給を行う電動スーパーチャージャーを搭載することにより、ターボラグを解消。電動スーパーチャージャーとISGによる動力補助および排気ターボチャージャーとの組み合わせで、あらゆる回転域で俊敏なエンジンレスポンスを実現している。

価格はS450が1147万円、同エクスクルーシブが1363万円、同ロングが1473万円。
Source: MOTOR DAYS 最新コンテンツ