メルセデス・ベンツ日本は、メルセデス初のクロスオーバーSUVモデル『E220d 4MATIC オールテレイン』を9月26日より発売した。価格は861万円。 ボディサイズを全長4950mm、全幅1860mm、全高1495mm、最低地上高140mm。ステーションワゴンに比べ全長は10mm短く、全幅を10mm、全高を30mm拡大、最低地上高を25mm高くすることで、高いアイポイントと地上高、乗降のしやすさというSUVの特長を持たせながら、ボディサイズを一般的な駐車場に入るサイズにおさめている。外観は、2本のフィンをあしらったラジエーターグリルをはじめ、前後バンパー下部のシルバークロームアンダーライドガードやブラックのホイールアーチカバーを取り入れることでSUVらしさを強調。足元にはオールテレイン専用の19インチ10スポークアルミホイールを備える。 内装は質感の高い本革と専用のブラッシュドアルミニウムを採用し、上質な室内空間を実現する。また、2つの高精細12.3インチワイドディスプレイを1枚のガラスカバーで融合したコックピットディスプレイを備え、まざまな情報を表示。さらに、タッチコントロール機能をステアリングに備え、インフォテイメント各機能の操作やシフトレバーなどをステアリングから手を離すことなく行うことができる。 パワートレインは、最高出力195ps、最大トルク400Nmを発生する2リットル直4ターボディーゼルエンジンと9速AT「9G-TRONIC」の組み合わせ。同エンジンは、将来導入されるRDE(実路走行試験)規制に対応する優れた環境性能も実現している。 足回りには、車速や走行条件に応じて、ダンピング特性や車高を自動的に調整する電子制御サスペンション「エアボディーコントロール」を採用。荒れた路面などではスイッチ操作で車高を0mmから35mmまでの範囲で3段階まで選択できる。また様々なセッティングが選べる「ダイナミックセレクト」には専用の「オールテレインモード」を追加。トランスミッションがオフロードモードに切り替わり、エアボディーコントロールが35km/h以下の速度で車高を20mm高くすることで、雪道や悪路での走破性を高める。 そのほか、テレマティクスサービス「メルセデス ミー コネクト」や、混雑時や高速道路渋滞時の自動運転を実現する「ドライブパイロット」をはじめとした安全運転支援システム「インテリジェントドライブ」などを標準装備する。