メルセデス・ベンツ日本は新型『Sクラス』を発表し、8月9日より予約受付を開始、9月上旬より順次納車を開始する。価格は1128万円から3323万円。新型Sクラスでは、先進安全技術「インテリジェントドライブ」がさらに進化。先行車との車間距離を維持する「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック」は自動再発進機能も新たに備え、停止後30秒以内であればアクセルを踏まなくても自動的に発進する。また「アクティブステアリングアシスト」も強化。車線が不明瞭な場合や検知できない場合でも、周囲の車両やガードレール等を検知しステアリングアシストを行う。高速道路上での車線変更をアシストする「アクティブレーンチェンジングアシスト」では、ウインカーを操作すると車両がいないことをシステムが確認し、自動で車線を変更。また、緊急時のステアリング操作をアシストする「緊急回避補助システム」、衝突時の衝撃音から乗員の耳を保護する「PRE-SAFEサウンド」などの新機能を採用したほか、交差点での車両飛び出しにも自動緊急ブレーキが作動する「アクティブブレーキアシスト」も備わり、全方位の安全性を高い次元で実現している。また、先進的なテレマティクスサービス「メルセデス ミー コネクト」を搭載。事故検知時またはSOSボタン押下時にコールセンターが消防に連絡する「24時間緊急通報サービス」などの「安心安全サービス」、スマートフォンで車外から車庫入れ/車庫出しができる「リモートリモートパーキングアシスト」などの「快適サービス」、メルセデス・ベンツ 24時間コンシェルジュサービスなどの「おもてなしサービス」を提供する。エクステリアでは、マルチビームLEDをメルセデスベンツとして初導入。全車ツインルーバーとなったフロントグリルやワイドなエアインテークを採用したことで、精悍でダイナミックな外観となった。LEDリアコンビネーションランプには「クリスタルルック」を採用。被視認性を確保しながらも、状況によって発光量を調整することで安全性にも寄与する。インテリアは一体感のあるデザインコンセプトを継承しながら、大型コックピットディスプレイやタッチコントロールボタン付のマルチファンクションステアリング、カラーがゆっくりと変化し続けるマルチカラーアニメーションを搭載したアンビエントライト(64色)などを装備。フラッグシップモデルにふさわしい室内空間となっている。ラインアップは、3リットルV6ツインターボを搭載するノーマルホイールベースの『S400』、気筒休止システムを持つ新型4リットルV8ツインターボの『S560ロング』、最新四輪駆動システムを搭載した『S560 4マチック ロング』、6リットルV12ツインターボ搭載のハイパワーモデル『S600ロング』を設定。メルセデスAMGモデルでは、「AMGシリンダーマネジメント」を採用した新型4リットルV8ツインターボを搭載する『メルセデスAMG S63ロング』、トルク可変型四輪駆動システムを装備する高性能モデル『メルセデスAMG S63 4マチック+ロング』、6リットルV12ツインターボ搭載のトップパフォーマンスモデル『メルセデスAMG S65ロング』の3モデルを設定した。" />

メルセデス Sクラス新型、先進安全技術が進化…1128万円より:リリース情報

メルセデス・ベンツ日本は新型『Sクラス』を発表し、8月9日より予約受付を開始、9月上旬より順次納車を開始する。価格は1128万円から3323万円。 新型Sクラスでは、先進安全技術「インテリジェントドライブ」がさらに進化。先行車との車間距離を維持する「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック」は自動再発進機能も新たに備え、停止後30秒以内であればアクセルを踏まなくても自動的に発進する。また「アクティブステアリングアシスト」も強化。車線が不明瞭な場合や検知できない場合でも、周囲の車両やガードレール等を検知しステアリングアシストを行う。 高速道路上での車線変更をアシストする「アクティブレーンチェンジングアシスト」では、ウインカーを操作すると車両がいないことをシステムが確認し、自動で車線を変更。また、緊急時のステアリング操作をアシストする「緊急回避補助システム」、衝突時の衝撃音から乗員の耳を保護する「PRE-SAFEサウンド」などの新機能を採用したほか、交差点での車両飛び出しにも自動緊急ブレーキが作動する「アクティブブレーキアシスト」も備わり、全方位の安全性を高い次元で実現している。 また、先進的なテレマティクスサービス「メルセデス ミー コネクト」を搭載。事故検知時またはSOSボタン押下時にコールセンターが消防に連絡する「24時間緊急通報サービス」などの「安心安全サービス」、スマートフォンで車外から車庫入れ/車庫出しができる「リモートリモートパーキングアシスト」などの「快適サービス」、メルセデス・ベンツ 24時間コンシェルジュサービスなどの「おもてなしサービス」を提供する。 エクステリアでは、マルチビームLEDをメルセデスベンツとして初導入。全車ツインルーバーとなったフロントグリルやワイドなエアインテークを採用したことで、精悍でダイナミックな外観となった。LEDリアコンビネーションランプには「クリスタルルック」を採用。被視認性を確保しながらも、状況によって発光量を調整することで安全性にも寄与する。 インテリアは一体感のあるデザインコンセプトを継承しながら、大型コックピットディスプレイやタッチコントロールボタン付のマルチファンクションステアリング、カラーがゆっくりと変化し続けるマルチカラーアニメーションを搭載したアンビエントライト(64色)などを装備。フラッグシップモデルにふさわしい室内空間となっている。 ラインアップは、3リットルV6ツインターボを搭載するノーマルホイールベースの『S400』、気筒休止システムを持つ新型4リットルV8ツインターボの『S560ロング』、最新四輪駆動システムを搭載した『S560 4マチック ロング』、6リットルV12ツインターボ搭載のハイパワーモデル『S600ロング』を設定。メルセデスAMGモデルでは、「AMGシリンダーマネジメント」を採用した新型4リットルV8ツインターボを搭載する『メルセデスAMG S63ロング』、トルク可変型四輪駆動システムを装備する高性能モデル『メルセデスAMG S63 4マチック+ロング』、6リットルV12ツインターボ搭載のトップパフォーマンスモデル『メルセデスAMG S65ロング』の3モデルを設定した。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

東京23区の中古車買取査定情報

Flag of Shinjuku, Tokyo.svg

新宿区

Flag of Chiyoda, Tokyo.svg

千代田区

Flag of Chuo, Tokyo.svg

中央区

Flag of Minato, Tokyo.svg

港区

Flag of Bunkyo, Tokyo.svg

文京区

Flag of taito, Tokyo.svg

台東区

Flag of sumida, Tokyo.svg

墨田区

Flag of Koto, Tokyo.svg

江東区

Flag of Shinagawa, Tokyo.svg

品川区

Flag of Meguro, Tokyo.svg

目黒区

Flag of Ota, Tokyo.svg

大田区

Flag of Setagaya, Tokyo.svg

世田谷区

Flag of Shibuya, Tokyo.svg

渋谷区

Flag of Nakano, Tokyo.svg

中野区

Flag of Suginami, Tokyo.svg

杉並区

Flag of Toshima, Tokyo.svg

豊島区

Flag of Kita, Tokyo.svg

北区

Flag of Arakawa, Tokyo.svg

荒川区

Flag of Itabashi, Tokyo.svg

板橋区

Flag of Nerima, Tokyo.svg

練馬区

Flag of Adachi, Tokyo.svg

足立区

Flag of Katsushika-ku, Tokyo.svg

葛飾区

Flag of Edogawa, Tokyo.svg

江戸川区

大阪市の区別車種別買取り査定

asahiku
旭区
abenoku
阿倍野区
ikunoku
生野区
kita
北区
konohana
此花区
jyoto
城東区
suminoe

住之江区

sumiyoshi
住吉区
taisho
大正区
chuo
中央区
tsurumi
鶴見区
tennoji
天王寺
naniwa
浪速区
nishi
西区
nishinari
西成区
nishiyodogawa
西淀川区
higashinari
東成区
higashisumiyoshi
東住吉区
higashiyodogawa
東淀川区
hirano
平野区
fukushima
福島区
minato
港区
miyakojima
都島区
yodogawa
淀川区

 

 

Count per Day

  • 18現在の記事:
  • 26027総閲覧数:
  • 6今日の閲覧数:
  • 17昨日の閲覧数:
  • 828月別閲覧数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2015年3月21日カウント開始日:
bookmark

インターネットエクスプローラー用です

RSS

このページの先頭へ