メルセデス・ベンツ日本は、『メルセデスAMG Eクラス』に「E63 4マチック+ステーションワゴン」および「Sモデル」を、セダンには「E63 4マチック+」および期間限定モデル「E63S 4マチック+ エディション1」を追加し、8月25日より予約注文を開始した。価格はE63 4マチック+ステーションワゴンが1686万円、同Sモデルが1838万円、E63 4マチック+が1650万円、E63S 4マチック+ エディション1が1910万円。 追加の4モデルは、スポーツカー『メルセデスAMG GT』と基本設計を同じくするAMG 4リットルV8直噴ツインターボエンジンを搭載する。四輪駆動システム「AMG 4マチック+」と9速スポーツトランスミッション「AMGスピードシフトMCT」を組み合わせ、最高出力612psのE63S 4マチック+ステーションワゴンでは、0-100km/h加速3.5秒とセグメントトップの動力性能を実現する。 E63 4マチック+ステーションワゴンおよびSモデルは、ボンネットをフェンダーとバンパーの内側にはめ込む、クーペ的なフロントデザインを採用。リアエンドには、トランクリッドに設けられたシャープなボディ同色AMGトランクリッドスポイラーリップやディフューザー風のインサートを持つリアスカートなどを備える。インテリアでは、リム下部がフラットな形状の「AMGパフォーマンスステアリングホイール」にAMGロゴをあしらい、タッチコントロールボタンとシフトパドルを搭載。運転席と助手席シートは、ラテラルサポートを強化し、高速走行時にも乗員の身体をしっかりと保持する。 荷室はリアサスペンションの取付位置をステーションワゴン専用とすることでフラットな空間を実現。後席バックレストはスイッチで簡単に倒すことができ、最大1820リットルの余裕あるスペースを創り出すことができる。またテールゲートは運転席やキースイッチで自動的に開閉できるほか、手を使わずに開閉できるフットトランクオープナーも備える。 E63S 4マチック+ エディション1は、E63S 4マチック+をベースに、よりスポーティな個性を強調するデザインを内外装に採用した期間限定車。エクステリアは専用ブラックカラーのボディにエクステリアパーツ「AMGナイトパッケージ」を組み合わせ、ブラックで統一し、精悍でスポーティな印象を高めている。インテリアもエクステリアと同様、ブラックを基調とした上で、イエローアクセントを随所に配し、特別感溢れる室内空間に仕上げている。