メルセデス・ベンツ日本は、『メルセデスAMG GTロードスター』および『メルセデスAMG GT C ロードスター』を8月25日より発売する。価格はGTロードスターが1834万円、GT Cロードスターが2298万円。 両モデルは、スポーツカー『メルセデスAMG GT』をベースとしたオープントップモデル。ソフトトップは走行中でも50km/hまで開閉可能で、開閉動作は全自動で行われ、所要時間は約11秒。3層構造のソフトトップは、マグネシウム、スチール、アルミニウム構造により軽量化を図り、低重心化にも貢献している。 パワートレーンはメルセデスAMG GTと同じく、AMG4.0リットルV8直噴ツインターボと、7速デュアルクラッチのAMGスピードシフトDCT7の組み合わせ。GTロードスターは最高出力476ps、最大トルク630Nmを発生。高性能モデルのGT Cロードスターは最高出力557ps、最大トルク680Nmを発揮し、パワーウエイトレシオ2.98、0-100km/h加速3.7秒を実現した。 エクステリアでは、クロームメッキを施した15本の垂直フィンを備える「AMGパナメリカーナグリル」が印象的。これは1952年メキシコで開催された伝説の公道レース「カレラ・パナメリカーナ・メヒコ」で優勝したレーシングカー「メルセデス・ベンツ 300SL」で初めて採用されたものだ。インテリアでは、ラテラルサポートを強化したAMGパフォーマンスシートに温風で首元を暖めるエアスカーフを装備。寒冷時でも快適なオープントップドライブを楽しむことができる。吹き出し口はシートのヘッドレスト部に違和感なく一体化。吹き出す暖気の温度は3段階で調節できる。