ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ランドローバーのコンパクトSUV、『ディスカバリー スポーツ』2018年モデルの受注を11月22日より開始した。価格は新たにエントリーグレード「ピュア」を追加したことで、440万円から760万円となった。 ディスカバリー スポーツ2018年モデルでは、エンジンラインアップを刷新。設計から生産まで自社で手がけた2リットル直列4気筒ターボガソリンエンジン(最高出力240ps)と2リットル直列4気筒ターボディーゼルエンジン(同180ps)の2種類を新たに導入する。 またインフォテインメントシステム「インコントロール タッチ」には、オプションで通信機能を新たに導入。ドアロックや解除、エアコン操作、走行履歴や車両状態の確認などをスマートフォンで遠隔操作できるほか、緊急時にはスマートロードサイドアシスタンスやSOS緊急コールに繋ぐこともできる。 エクステリアカラーは新色ナルヴィクブラック、バイロンブルー、ナミブオレンジを含む全12色を設定した。