ルノー・ジャポンは、コンパクトSUV『キャプチャー』をマイナーチェンジし、3月8日より販売を開始した。

新型キャプチャーは、エクステリア、インテリアともにスタイリッシュさが増し、悪路での走破性を高めるエクステンデッドグリップを新たに搭載。フロントには、フルLEDヘッドランプ、CシェイプフロントLEDランプ、コーナリングランプ機能付LEDフォグランプを、リアには立体的なデザインのLEDランプを採用し、個性を際立たせている。

インテリアは2トーンカラーの内装、ルーフカラーに合わせたシートカラー、ソフトタッチ素材を取り入れたダッシュボードなどにより、上質な室内空間を創出。前後バンパー下部に装着されたスキッドプレートは、SUVらしさを主張している。

悪路での走破性を高める新装備のエクステンデッドグリップは、3つの走行モード切替により、路面状況に応じて最適な駆動力を発揮する。

ボディとルーフカラーの組み合わせによる2トーンのボディカラーは、全て新色。グレード構成は、ルーフカラーと同色のファブリックシートを装備した「インテンス」と、レザーシートを装備した「インテンス レザー」の2グレードを展開する。

価格はインテンスが269万9000円、インテンス レザーが279万9000円。
Source: MOTOR DAYS 最新コンテンツ