ルノー・ジャポンは、ルノー『トゥインゴ』に、5速MTと高出力ターボエンジンを組み合わせたコンパクトスポーツ「トゥインゴGT」を設定し、10月19日から200台限定で発売する。価格は224万円。なお、トゥインゴGTは2018年の年明け後に5速MTと6速デュアルクラッチをラインアップし、通常販売モデルとして発売する。 今回発売するトゥインゴGTは、ルノーのモータースポーツ部門であるルノー・スポールが手がけたRRコンパクトスポーツ。5速MTと最高出力を109psに高めた0.9リットル3気筒ターボエンジンを組み合わせ、シャシーに専用のチューニングを施すことで、街中を自在に駆け廻れる運動性能を実現した。 ターボエンジンはサイドエアインテークの採用をはじめ、燃料供給、エンジン冷却、エキゾーストシステムの改良により、最高出力を109ps、最大トルクを170Nmに向上させた。シャシーはダンパーが専用となり、アンチロールバーも強化。さらに、横滑り防止装置(ESC)は、標準モデルに比べ介入を遅らせ、曲がりくねったコーナーで後輪のスライドを感じられるようチューニングを施した。 外観では、特徴的な17インチホイール、NACAダクトをイメージしたデカールなど、外観にはコンセプトカー「Twin'Run」そのままのデザインを採用。このほか、リアエンジンを強調するサイドエアインテーク、クロームデュアルエキゾーストパイプ、ブラックリアディフューザー、フェンダーモール、サイドスカートなどがスポーティさを強調している。