レクサスは、コンパクトハイブリッド『CT200h』をマイナーチェンジし、8月24日より販売を開始した。価格は377万円から477万円。 外観では、スピンドル形状の造形が縦方向に少しずつ変化する新意匠のグリルメッシュを採用しスポーティさを演出。ヘッドランプは、アローヘッド形状のクリアランスランプを上部に配置し、ボディサイドのキャラクターラインと連続性を持たせることで伸びやかな印象を与えるとともに、U字のターンランプと組み合わせ、精悍なフロントマスクとしている。 内装では、ナビディスプレイを10.3インチに拡大し、利便性を向上させた。オーナメントパネルは新採用のバンブー、サンフレアブラウン、本アルミを含む全8種類を設定。内装色はシート表皮とオーナメントパネルの一体感を感じさせる2トーンカラーを採用し、カラーラインアップを刷新した。 安全面では予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」を新たに採用。多面的な安全運転支援を可能にしている。