レクサスは、クロスオーバーSUV『NX300h/NX300』をマイナーチェンジし、9月14日に発売した。価格はNX300が440万円から532万円。NX300hが504万円から596万円。 外観はは、フロントバンパーを鋭く低重心な造形とするとともに、スピンドルグリルにレイヤー状のデザインを採用し、シャープかつスポーティな表情へと進化。リヤも新デザインのコンビネーションランプを採用するなど、よりワイドで立体的な造形とした。 内装は、HUDと一体化したメーターフードや、シンプルかつ機能的なスイッチ配置としたセンタークラスターなど、質感の高さと先進性を追求。ナビディスプレイは10.3インチに拡大したほか、タッチパッドを大型化した新型リモートタッチを採用し、ナビやオーディオの操作性を向上させた。 走行面では、サスペンションのチューニングで車体のロール特性や操舵に対する応答性を向上させたほか、アブソーバーの変更、新型AVSの採用などで優れた操縦安定性と乗り心地を実現。またドライブモードセレクトにカスタムモードを新たに設定し、パワートレーン、シャシー、空調の各制御の組み合わせをカスタマイズ可能とすることで、ドライバーの好みに応じた走りを実現する。 安全面では予防安全パッケージ「レクサス セーフティシステム+」を新たに採用。歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ「プリクラッシュセーフティ」、車線逸脱を防ぐ「レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御機能付)」、一定の車間距離で追従走行できる「レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)」、先行車や対向車を遮光し、ハイビームを照射する「アダプティブハイビームシステム」を装備する。