ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ミッドサイズSUV『レンジローバー・ヴェラール』に初の特別仕様車「ベーシック」「プラス」「ダイナミック」を設定し、5月22日より受注を開始した。

ヴェラールは、なめらかな面と曲線を用いた現代のブリティッシュデザインを採用した美しい外観や最新のインフォテインメントシステム「Touch Pro Duo」をはじめとした革新的なテクノロジーを搭載した、レンジローバーファミリー4番目となる新型モデル。「ワールド・カー・アワード」にて、部門賞である「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー 2018」に選出され、世界で最も美しいクルマであると評価された。この受賞を記念し、より多くの人にレンジローバー・ヴェラールの世界観や先進性、デザイン性の高さを体感してもらうために、人気の高いオプション(約70?90万円相当)を標準装備した特別仕様車を企画した。

エンジンの選択肢はジャガー・ランドローバーが設計から生産までを手がけた2.0リットル直列4気筒INGENIUMターボチャージド・ディーゼル(最高出力180ps・最大トルク430Nm)と2.0リットル直列4気筒INGENIUMターボチャージド・ガソリン(最高出力250ps・最大トルク365Nm)があり、車間距離を維持しながらの走行をサポートするアダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)などのドライバー支援システムをはじめ、スマートフォンのアプリを介して、車両から離れた場所でドアのロックや解除、エアコンの操作、走行履歴や車両状態の確認ができる「リモート」機能や、同時に8台までWi-Fi接続可能な「コネクトプロパック」を標準装備している。

ベーシックは、エントリーグレードとしての商品力を強化し、特別装備を追加しながらも、車両本体価格は据え置きにしている。そしてプラスは、18インチ スタイル1022 アロイホイールを装着し、エンジンタイプとシート(パーフォレイテッド・グレインレザーシートまたはパーフォレイテッド・グレインレザー・スエードクロスシート)の選択肢をそれぞれ2種類用意し、ユーザーの好みやライフスタイルに応えられるようにしている。また、より個性を際出たせたダイナミックは、ベース車両に「R-ダイナミック」を採用し、7種類のメタリックペイントをはじめ、パーフォレイテッド・グレインレザーシートや20インチ スタイル7014 アロイホイールを取り揃えている。

価格は699万円から856万円。
Source: MOTOR DAYS 最新コンテンツ