ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、コンパクトSUV『レンジローバー イヴォーク』に特別仕様車「アドバンテージエディション」限定89台と「コンテンポラリーエディション」限定96台を設定し、8月29日より受注を開始した。価格はアドバンテージエディションが629万円、コンテンポラリーエディションが699万円。 両モデルは、「オールテレインプログレスコントロール」やインフォテインメントシステム「インコントロール タッチ プロ」などを標準装備するレンジローバー イヴォークの2017年モデルをベースに、各種ドライバー支援システムを特別装備。レーンキープアシストやドライバーコンディションモニター、自動緊急ブレーキ、駐車支援機能などを搭載し、安全性と快適性を高めている。 アドバンテージエディションは、サントリーニブラックのエクステリアカラーとエボニーのインテリアを採用し、全体を黒で統一。さらにシルバーフィニッシュの18インチ スタイル706 アロイホイールでコントラストをつけ、イヴォークのデザインを際立たせている。 コンテンポラリーエディションは20インチスタイル504アロイホイールやパノラミックルーフを装備。エクステリアカラーはメタリックカラーのカイコウラストーンとユーロンホワイトを用意し、インテリアも各色とマッチするアイボリーとエボニーを組み合わせている。