三菱自動車は、『アウトランダー』にアウトドア志向を強調した特別仕様車「アクティブギア」を設定し、7月20日から販売を開始した。アクティブギアは4月に設定した『デリカD:5』に続く第2弾となる。価格は289万5480円から318万9240円。 特別仕様車は予防安全技術「e-Assist」を標準装備した「セーフティパッケージ」をベースに、アウトドアレジャーシーンに映えるデザインを採用。エクステリアではフォグランプベゼルやサイドドアガーニッシュ、ドアミラーに、インテリアではシートやステアリング、シフトノブなどのステッチに、アクセントカラーとしてオレンジを配色。機能性の高さや冒険心をアピールしている。 また、18インチアルミホイールをブラックとし、足元を引き締めたほか、スエード調人工皮革を座面及び背もたれ面に採用した機能的なシートを装備。スマートフォン連携ディスプレイオーディオ「SDA」と、マルチアラウンドモニター(バードアイビュー機能付)も標準装備とした。さらにアウトドアレジャーシーンで力強いスタイリングをより強調する「アクティブギア コンプリートパッケージ」をディーラーオプション設定(7万0437円)。テールゲートスポイラー、「ACTIVE GEAR」ロゴのアルミホイールデカール、専用フロアマット(ブラック&オレンジ)を装着することで、アクティブギアの世界観を強調する。 ボディカラーは、チタニウムグレーメタリック、ホワイトパール(有料色)、ブラックマイカの全3色を設定する。