東海エリアの“夏のお出かけ”をナビゲートする「東海 夏Walker2018」(税抜650円)が2018年5月11日(金)に発売。旬のおでかけ情報を網羅し、イベントや新名所、花火情報など全383スポットを紹介する。5月から9月まで使える1冊で、発売当日から楽しめるスポットも多数掲載!

■ “夏にしたいこと”を総まとめ!

メイン特集のタイトルはズバリ、「夏にしたいこと!!」。NHK連続テレビ小説「半分、青い。」の舞台・東濃地方巡りをはじめ、フォトジェニックな絶品かき氷や、注目のお化け屋敷情報など35のテーマで“夏遊び”をたっぷりと紹介する。

■ 注目の花火大会を徹底攻略!

夏の風物詩と言えば、やっぱり“花火”。毎年多くの人で込み合う「名古屋みなと祭 花火大会」「全国選抜長良川中日花火大会」など、人気8大会の見どころや穴場スポット、アクセス攻略をご紹介。さらに東海エリアで行われる99の大会を、分かりやすくカレンダーで掲載しているのもポイントだ。情報を先取りして、この夏のお出かけプランを立ててみよう!

■ 大人気!半額クーポン企画も見逃せない

東海ウォーカーでも好評のクーポン企画を、同誌でも実施。ラーメンやピザ、肉グルメが半額で楽しめるほか、スーパー銭湯の入浴料が半額、もしくは100円で入れるクーポンが付く!全部使えば2万3000円以上もお得になる。

なお、「東海 夏Walker2018」の表紙を飾るのは、2018年5月25日(金)公開の映画「恋は雨上がりのように」でヒロインを務める、愛知県出身の小松菜奈。カバーインタビューでは、彼女が地元で過ごした夏の思い出を語ってくれた。ぜひこちらにも注目して欲しい。
Source: ニュースウォーカー