海を見ながら走れる道は数多くあるけれど、波打ち際ギリギリを車で走れるのは日本で「千里浜なぎさドライブウェイ」だけ。きめ細かな砂が海水を含んで硬く締まるからこそ車で走れる、砂浜ドライブコースだ。空と日本海の境界線が溶け合いそうな光景は、春から夏にかけて見られる期間限定の絶景!能登半島の付け根部分に当たる石川県宝達志水町(ほうだつしみずちょう)から羽咋市(はくいし)の区間は、日本海を眺められる食事処や海の幸を堪能できるレストランなど、グルメも充実している。今回は、波打ち際を疾走できる千里浜なぎさドライブウェイと付近のおすすめ立ち寄りスポットをご紹介!!





■ 窓の外には青々とした日本海!「のと里山海道」

「のと里山海道」は金沢市から鳳珠郡穴水町(ほうすぐんあなみずまち)までを結ぶ自動車専用道路。能登半島の先端へ向かう下り線は、雄大な日本海を左手に見て走れるので、ドライブにぴったりのルートだ。





■ かほく市の特産品も販売する「道の駅 高松」

能登方面下りの里海館と、金沢方面上りの里山館から成るサービスエリア「道の駅 高松」。一般道からも入れるため、道の駅としても利用できる。里海館には日本海を望む足湯(無料)も併設されている。



■ 全長約8kmの絶景「千里浜なぎさドライブウェイ」

宝達志水町今浜から羽咋市千里浜町まで約8km続く海岸。世界的にも珍しい車で走行可能な砂浜は、夏になれば海の家が数多く並び海水浴場としてもにぎわいを見せる。車を止めて散歩をすることも可能だ。





■ 品数豊富な御膳や豪快な丼で日本海グルメを満喫!「千里浜レストハウス」

千里浜なぎさドライブウェイ沿いにある「千里浜レストハウス」は、すぐ目の前に日本海が広がる絶好のロケーションが人気。ボリューム満点の海鮮丼(2000円)やご当地グルメの貝めし御膳(1600円)は必食だ。レンタサイクル(60分、200円)もあり、延々と続く砂浜を自転車で走ることもできる。



■ 絶景と温泉が疲れた体を癒す日帰り湯「展望温泉ほのぼの湯」

2017年4月にできた日帰り湯。展望温泉の名の通り、眼下に河北潟(かほくがた)、遠くに白山連峰(はくさんれんぽう)などを望む眺望が自慢だ。ナトリウム・塩化物泉の泉質を大浴槽やジェットバスでゆったりと堪能しよう。





世界的にも珍しい、波打ち際でのドライブは最高の思い出になること間違いなし!景色よしグルメよしの「千里浜なぎさドライブウェイ」でちょっと特別な思い出を残そう!!
Source: ニュースウォーカー