3月28日に、京都・亀岡市の亀岡運動公園体育館の東側にて、「京都 かめおか 菜の花畑」が開園した。

同園では毎年秋に来場者数4万人を超える「夢コスモス園」が開催されているが、菜の花畑として開園するのは今年が初めて。旬の花を楽しめる新たなスポットとして注目を集めている。およそ4haの広大な敷地に、約100万本の菜の花が一面に植えられており、黄色い花と青空のコントラストがインスタ映え間違いなしだ!

また園内では、自分で摘み取った菜の花を購入できる「菜の花畑のお花やさん」や、亀岡牛のコロッケや黒豆のお菓子など、亀岡の味覚を味わえる「丹波味わい市」、「菜の花畑ドッグラン」の設置など多彩なイベントも開催中。見て触れて味わって、と十二分に楽しめる内容となっている。開催期間は5月6日(日)まで。なお菜の花の見ごろは、4月中旬から下旬となっている。

また5月3日(祝)には、「第46回 亀岡光秀まつり」も開催予定。明智光秀公武者行列が実施されるほか、明智かめまるなどたくさんのご当地キャラの登場や、太鼓、ダンスステージが行われる「かめまるフェスタ」など、イベント目白押しとなっている。

桜のあとは菜の花を堪能しに、亀岡に出かけてみてはいかが?
Source: ニュースウォーカー