海抜約430mの松ケ峯の山頂にあり、月明かりのない夜には肉眼で天の川が見られる、近畿圏でも指折りの星空の名所。展示施設やプレネタリムが無料で楽しめるほか、夜の観望会(有料)をはじめとした、さまざまなイベントに参加することも。開館時間やイベントの実施日は公式HPで要チェック。<※情報は『関西から行く! 奇跡の絶景に出会う旅(2018年4月12日発売号)』より>

■ 宇宙の神秘を感じに行こう

星空の観察専用に設計された「星の塔」の最上階は、360度の景色が見渡せるビュースポット。口径1mの大型望遠鏡が設置され、毎週開催される夜の観望会「星空ツアー」では、迫力ある天体を観察できる。土日祝14:30から、生解説によるプラネタリウム投影が楽しめるのもおすすめポイント。

■ 輝く星空が視界を埋め尽くす

(フォトグラファーボイス/瀬谷佳子さん)「新月で空気が澄んでいる日を狙って訪れたので、肉眼でも天の川が見えました。屋外にある電波望遠鏡がかっこよくて、ちょうど天の川と重なって存在感が増しました。とても暗いので懐中電灯を持って行くのをお忘れなく」

■ 夕暮れ時も息をのむ美しさ

海抜約430mにあるので、視界も良好。特に西側の山が低いため、空を鮮やかに染める夕日も美しく、和歌山県の「朝日・夕陽100選」に選ばれている。

【絶景DATA】●見ごろ 通年 ●ベストタイム 月明かりのないよく晴れた日の夜に、天の川が美しく見られる。夜風が冷たいので防寒着は必須

■みさと天文台 住所:海草郡紀美野町松ヶ峯180 電話:073-498-0305 時間:13:00~※閉館時間は曜日により異なる 休み:月)火)※整備のため冬期・夏期に長期休館あり 料金:入館、プラネタリウム無料※夜の観望会は¥200 駐車場:45台(無料) アクセス:阪和自動車道海南東ICより車で約70分【関西ウォーカー編集部】
Source: ニュースウォーカー