「連休の終盤は、なるべくお金をかけずに楽しみたい!」そんな家族連れにオススメなのが公園。多彩なアスレチックや、スリル満点の滑り台、人口芝でスリルを味わえる草スキーなど、子供と遊べる福岡の公園を5つご紹介。無料・格安でも十分楽しめるスポットが満載だ。

■ 福岡空港から車で5分!ソリすべり台やアスレチックが人気の「東平尾公園 大谷広場」

さまざまな施設がある総合公園として多くの利用者が訪れる「東平尾公園」。博多の森陸上競技場をはじめ、レベルファイブスタジアム、博多の森テニス競技場、博多の森弓道場など、複合施設を有する。緑あふれる環境も魅力で、春は美しい桜並木を楽しめる。

東平尾公園のなかでも大谷広場では、草スキーやアスレチックが大人気。草スキーは、人口芝で安全性も高く、迫力満点だ。夏にはじゃぶじゃぶ池も登場して、小さい子から大きい子までが楽しめる。

カラフルで小さい子供が遊びやすい遊具もたくさん。砂場から、クネクネした遊具、ブランコやすべり台まで、小さい子が好きな遊具がギュッと詰まった広場になっている。近くにはベンチもあり、保護者が近くから見守ったり、途中休憩することも可能。

全長83mもあるローラー滑り台は、木々の中を進んでいくため冒険気分を味わえる。何度も滑るとおしりが痛くなるので、下に敷くものを持参するのがおすすめ。

[東平尾公園 大谷広場 ]福岡県福岡市博多区東平尾公園2-1-4-1 / 092-612-7070(大谷広場、レベルファイブスタジアム)※冒険コーナー(大谷広場)への問合せ先 / 9:00~19:00(大谷広場駐車場の利用時間) / 年末年始(12/29~1/3) 休み



■ 大自然を満喫!キャンプ場もある充実公園「大野城いこいの森」

福岡市内から車で40分、大野城市の牛頸ダム周辺を整備した緑あふれる公園。“自然豊か身近に自然を楽しめるレクリエーション空間を”をテーマに、「キャンプ場」「スポーツ公園」「ダム記念公園」などがあり、「水辺公園」では水遊びやバスフィッシングも楽しめる。地元の人はもちろん、福岡市近郊のキャンプ場として多くの人が訪れ、年間を通して楽しめると人気だ。

「中央公園」にあるローラー式のジェットスライダーは、なんと20メートルの高さから降りる、長さ90メートルのロング滑り台。眼下に大野城市内の眺望を見下ろしながら爽快に滑り降りることができる。ジェットスライダーのスタート地点へ向かうアスレチックの階段もあり、楽しみながら登ることができる。他にも、18ホールのパットゴルフコース(有料)があり、大人用と子供用のパターを用意しているので、家族で盛り上がることもできる(申し込みは管理事務局まで)。

「アスレチック広場」は、木製の大きなジャングルジムをはじめ、ターザンロープ、平均台など、体を動かしながら冒険が楽しめるアスレチックコースがある。また、アスレチック広場の奥には、コンサートやショーなど、さまざまなイベントが繰り広げられる「野外ステージ」も設置。観客席には木製のベンチが備え付けてあって、自然の中でショーを楽しめる。

「キャンプ場」では、森の別荘感覚のロッジに宿泊が可能。5種類15棟、1棟5~10人が宿泊が可能で、家族やグループでもキャンプにぴったり。室内にはシャワーや浴室、トイレの他、台所、冷蔵庫、暖房も完備していて、キャンプ初心者にもおすすめだ。キャンプ場内にも、河原や芝生、ターザンロープやボールブランコ、冒険ブランコなどもがあり、宿泊だけではなく、遊べる場所があるのが魅力。

[大野城いこいの森]福岡県大野城市牛頸481-1(中央公園)、福岡県大野城市牛頸667-58(キャンプ場) / 092-595-2300(中央公園)、092-595-2110(キャンプ場) / 9:00~17:00 / 月曜休み(※7、8月は除く)



■ 海賊船でパイレーツ気分に!子供が本気で遊べる「筑紫野市総合公園」

福岡市内から車で40分ほど、筑紫野市の天拝山のふもとにある「筑紫野総合公園」。インパクトのある海賊船が子供たちに人気で、休日には遠方からの来園者も多く、たくさんの家族連れでにぎわう。海賊船は見た目だけでなく、中を通るスパイラル滑り台があったり、網を使って船上まで登れたりと、子供が本気になって遊べる仕掛けがいっぱいだ。他にも、海賊船の先端についている鉄砲は水鉄砲になっており、夏場は子供たちが喜んで発射&水鉄砲を受け、びしょ濡れになって遊ぶ姿も。

船の後ろには、珍しい90度の滑り台、フリーフォールがある。船の横にはターザンロープもあり、体を思いっきり使って楽しめる。

ロングローラー滑り台では、眼下に天拝湖の美しい湖や、芝生の緑の眺めながら降りることができ、気分も爽快。親子一緒でも、子供だけでも滑ることができる。

ダイナミックなアスレチックだけでなく、自然を感じることができるのも大きな魅力。広い芝生もあるから、ボール遊びをしたり、お弁当をもってピクニック気分で楽しんだり、家族連れで色々な過ごし方ができる。

[筑紫野市総合公園 ]福岡県筑紫野市大字山口382-1 / 092-929-0676(総合公園管理棟) / 9:00~18:00(3月~10月)9:00~17:00(11月~2月) / 12月29日~1月3日休み



■ マチナカからすぐ! 福岡市民の憩いの場「大濠公園」

黒田長政が福岡城を築いた際に、博多湾の入江であったこの地を外濠として利用、1929年(昭和4年)県営大濠公園として開園した。歴史と自然を感じることのできる公園で、日本有数の水景公園とされている。公園内には、池の周辺約2kmの周遊道、野鳥の森、児童遊園、能楽堂、日本庭園、福岡市美術館があり、福岡市民だけでなく観光客も多く訪れる。

池を周回するコースは周約2kmで、足に優しくジョギングに適するといわれるゴムチップ舗装で負担が少なくて走りやすいのも嬉しい。また距離の表示もあり、ジョギングやウォーキングの場として多くの人が利用している。

ブランコ、砂場、すべり台付複合遊具などがあり、休日には多くの家族連れでにぎわう。西側の児童公園(どんぐり公園)、木陰も多く小さな子供向けの遊具が充実する。

日本庭園の伝統的な庭園技法による古典美を基調としつつ、近代性を盛り込んで作庭された築山林泉式が美しい。広さは1万2000平方メートルで、白壁の築地塀と樹林に囲まれた園内には、大池と築山の大池泉庭、曲水の流れ、枯山水庭、数寄屋造りの茶室と露地庭などが配置されて周遊することができる。近隣には、福岡城跡や護国神社なども観光スポットもあり、周辺一体で楽しめる。

[大濠公園 ]福岡県福岡市中央区大濠公園 / 092-741-2004 / 終日開放



■ 海も花も動物も!SNS映えするポイントがいっぱい「海の中道海浜公園」

福岡市から車で50分ほど。海に囲まれ美しい花や緑の自然があふれる公園には、子供が遊べるスポットも多く、カップルや友達同士など、多くの来場者でにぎわう。夏には、期間限定でサンシャインプールがオープンし、流れるプールを含める6つのプールが大人気。近くには、マリンワールド海の中道もあるなど、公園全体で楽しめる。大きなイベントやフェスなども開催されることも。自然体験やデイキャンプも楽しめる福岡を代表する公園だ。

園内では、さまざまな場所で美しい花を見ることができる。なかでも「フラワーミュージアム」では「屋根のない花の美術館」をテーマに10つの異なるエリアで構成された空間で季節の花々を鑑賞できる。手入れが行き届いて広大な花壇の表情は、季節毎に移り変わる。ガーデニングのヒントもたくさんあり、フォトスポットにも最適だ。

動物を近くで見たり、触れ合うことができる「動物の森」は、別料金なしに、来園者誰もが入ることができる。カピバラやボリビアリスザルなど常時約50種類500点の動物たちがのんびりくらしていて、触れ合ったり、エサをあげることも可能(エサはエサの自販機から購入)。また、動物の森内にある「ふれあい動物舎」では、モルモットを膝にのせて抱っこができ、子供たちにも好評だ(毎日開催10:30~12:00、13:10~15:00)。

[海の中道海浜公園 ]福岡県福岡市東区大字西戸崎18-25 / 092-603-1111 / 3月1日~10月31日 9:30~17:30、11月1日~2月末日 9:30~17:00 ※プール営業日は、9:00~18:30 / 年末年始(12月31日・1月1日)・2月の第1月曜とその翌日休み ※自然災害(台風・大雨・地震・津波等)により臨時閉園することがあり
Source: ニュースウォーカー