ルノー・ジャポンは、コンパクトスポーツ『トゥインゴGT』を2月22日から発売する。価格は229万円から。

トゥインゴGTは、特徴的なRRの駆動方式を持つトゥインゴのエンジンやシャシーにルノー・スポールがチューニングを施した高性能コンパクトスポーツだ。0.9リットルターボエンジンは、サイドエアインテークの採用をはじめ、燃料供給、エンジン冷却、エキゾーストシステムの改良により、最高出力109ps、最大トルク170Nm に向上。トランスミッションは5速MTと6速EDCの2種類を用意する。

シャシーはダンパーが専用となり、アンチロールバーも強化。さらに、横滑り防止装置(ESC)は、標準モデルに比べ介入を遅らせ、曲がりくねったコーナーで後輪のスライドを感じることができるようチューニングが施されている。

ボディカラーはオランジュブレイズM(オレンジ)とグリリュネールM(グレー)の2色を用意する。
Source: MOTOR DAYS 最新コンテンツ