「2017年8月」の記事一覧

レクサス GS/GS F 一部改良、トルセンLSDのオプション設定拡大など:リリース情報

リリース情報

レクサスは、大型セダン『GS』『GS F』を一部改良し、8月31日より販売を開始した。価格はGSが577万円から846万3000円。GS Fが1112万円。 GSは、トルセンLSDを、「GS350」の2WD車と「GS300h」「GS300」の全車にオプション設定。トラクション性能を確保し、コーナー立ち上がり時などの加速性能を向上したほか、減速時の安定性確保や悪路・雪道での優れた操縦安定性も実現する。また、レクサスのターボエンジン搭載ラインアップが充実したことから、「GS200t」の名称を「GS300」に変更した。 GS Fは、予防安全パッケージ「レクサス セーフティ・システム+」の機能を拡充。レーダークルーズコントロールへの全車速追従機能の追加と、レーンキーピングアシスト(LKA)の採用により運転支援機能を強化した。また、内装色にはブラック&アクセントフレアレッドを新たに加えた全5色を設定した。

ルノー カジャー、2018年発売に先立ちBOSEサウンド搭載の限定モデルを先行発売:リリース情報

リリース情報

ルノー・ジャポンは、2018年日本導入予定の新型SUV『カジャー』の発売に先立ち、専用設計のBOSEサウンドシステムと大型パノラミックルーフを装備した限定車「カジャー Bose」を8月31日から100台限定で発売する。価格は344万円。 ルノー カジャーは、ダイナミックさと力強さ、情熱と洗練を感じさせるフレンチスタイルのデザインが特徴のCセグメントSUV。全長4455mm、全幅1835mmに対し、全高が1610mmと低くスポーティーなプロポーションながら、最低地上高200mm、アプローチアングルは18°、デパーチャーアングルは28°と、SUVに相応しいダイナミックなフォルムとなっている。 パワートレーンは、力強さと低燃費を両立した1.2リットル直噴ターボエンジンと、2組のクラッチシステムを持つ電子制御7速AT(7EDC)の組み合わせ。最高出力131ps、最大トルク205Nmを発生し、オーバーブースト機能により2リットルクラスの加速感を味わうことができる。また、2台のカメラ、12個のセンサー、ミリ波レーダーで車両の周辺状況をリアルタイムで分析し、安全なドライブをサポートする、運転支援システム(ADAS)を搭載する。 今回発売する限定モデルは、専用設計のBOSEサウンドシステムを特別装備し、コンサートホールのような音響を再現。助手席でも、後席でも、運転席と同じようなバランスのよい高音質なBOSEサウンドを楽しむことができる。また、明るく開放的な室内空間を演出する1000×860mmの大型パノラミックルーフと、異なる固さの高密度ウレタンフォームが背中と腰をサポートする専用ファブリック×レザー調コンビフロントシートを装備する。

N-BOX新型、ホンダセンシングを全車標準装備…138万5640円より:リリース情報

リリース情報

ホンダは、軽トールワゴン『N-BOX』および『N-BOXカスタム』をフルモデルチェンジし、9月1日より発売する。価格はN-BOXが138万5640円から188万0280円、N-BOXカスタムが169万8840円から208万0080円。 ボディサイズは、先代と同じく全長3395×全幅1475mm、全高は10mmアップの1790mm(4WDは1815mm)。軽乗用車の枠を超えた車格感や広々とした室内空間など、先代の魅力を受け継ぎながら、全タイプ標準装備のLEDヘッドライトやルーフサイドの溶接にルーフレーザーブレーズを採用するなど、細部にわたって洗練と上質を追求した。ボディには、高効率フロアフレーム構造や高張力鋼板の適応拡大に加え、新たな接合技術を導入。車両重量890kgと先代比60kgの軽量化(N-BOX G/G・L FFモデルの場合)と高剛性化を両立している。 パワートレインはNAエンジンにi-VTECを、ターボエンジンには電動ウェイストゲートを、いずれも軽乗用車で初採用。高性能化したCVTとの組み合わせにより、NAモデルは27.0km/リットル(先代比+3.4km/L)、ターボモデルは25.4km/リットル(同4.0km/L)の低燃費(JC08モード・FFモデル)を達成している。さらにサスペンションシステムの高性能化、フロントピラーの極細化による前方視界向上などで、安心感のある快適な乗り心地を実現した。 安全性能では「ホンダ センシング」を全タイプに標準装備。「衝突軽減ブレーキ(CMBS)」「誤発進抑制機能」「アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)」「車線維持支援システム(LKAS)」「先行車発進お知らせ機能」「歩行者事故低減ステアリング」「路外逸脱抑制機能」「標識認識機能」といった8つの基本機能に加え、「オートハイビーム」およびホンダ初となる「後方誤発進抑制機能」を追加した。 室内空間は、エンジンルームのコンパクト化やテールゲートの薄型化などにより、従来より室内長を20mm拡大。テールゲート開口部の高さを低くすることで、自転車などの積み降ろしをより容易にした。シートアレンジには、従来のベンチシートに加えて、助手席スーパースライドシート、スロープ仕様を設定。新採用の助手席スーパースライドシートは、前後スライド量を570mmとすることで、後席・運転席間の移動をはじめ、標準装備となったスライドリアシートと合わせて多彩な使い方を可能としている。

アバルト 124スパイダー、発売1周年記念モデル…ブラックメタリックの専用カラー:リリース情報

リリース情報

FCAジャパンは、アバルト『124スパイダー』に発売1周年を記念した特別仕様車「ワンイヤー アニバーサリー」を設定し、9月9日より100台限定で発売する。価格はMTが426万6000円、ATが437万4000円。 124スパイダーは、フィアットとマツダのコラボで生まれた、ロードスターベースの2シーターオープンスポーツ。アバルト 124スパイダーはその高性能バージョンとして、2016年10月に国内販売が開始された。 限定車は124スパイダーの個性を艶やかに演出するメタリック・ブラックのボディカラーを同モデルで初採用する。インテリアでは高いホールド性能を持つレカロシートに加え、アダプティブ機能付フルLEDヘッドライトも付属するレザーシート/ナビゲーションパッケージを特別装備する。

スマート ブラバス スポーツ発売、スポーティデザインの新モデル…256万円より:リリース情報

リリース情報

メルセデス・ベンツ日本は、『スマート』にスポーティなデザインを採用した「ブラバス スポーツ」を追加設定し、8月30日より販売を開始した。価格はフォーツーが256万円、カブリオおよびフォーフォーが279万円。 ブラバス スポーツは最高出力90ps、最大トルク135Nmを発生するターボモデルをベースに、フロントスポイラー、リアスカート、リアディフューザーにブラバスのスポーティなデザインを採用。さらにブラバス モノブロック IX 8 ツインスポークアルミホイールを設定し、リアにはBRABUSエンブレムを装着する。 内装は、上質なナッパレザーを使用したスポーツステアリングをはじめ、アルミと本革を組み合わせたシフトノブおよびパーキングブレーキハンドなど、ブラバスモデル専用装備を採用し、スタイリッシュな空間に上質さとスポーティなアクセントを加えている。 装備面では、疲労や不注意による走行車線の逸脱を警告する「レーンキーピングアシスト」を搭載。さらに「アンビエントライト」を採用し、室内をやわらかな光で包んでリラクゼーションを促すとともに対向車のライトによる眩惑を弱め、快適性と安全性を高めている。

VW ゴルフ トゥーラン に限定モデル、エレガントなインテリアと充実の安全装備:リリース情報

リリース情報

フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は、『ゴルフ トゥーラン』に特別仕様車「ミラノエディション」を設定し、8月29日より300台限定で販売を開始した。価格は424万9000円。 ミラノエディションは、7月に安全・快適装備を中心に商品強化を実施した上級グレード「TSIハイライン」をベースに、イタリア・ミラノをイメージしたエレガントなインテリアを採用。ヴォルケーノブラウンのマイクロフリース&ナパレザーシートをゴルフ トゥーランに初採用することで上質感を高めた。 装備面では、パワーテールゲートや駐車支援システム「パークアシスト」、ダイナミックコーナリングライト、LEDテールランプを含む「テクノロジーパッケージ」を標準装備。また、手のひらを画面にかざして左右にスワイプするだけでラジオ選局などの操作が行えるジェスチャーコントロール機能を備えた純正ナビゲーションシステム「ディスカバープロ パッケージ」の最新モデルを装備する。

VW パサート ヴァリアント、安全装備充実の限定モデル発売:リリース情報

リリース情報

フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は、ステーションワゴン『パサート ヴァリアント』に特別仕様車「エレガンスライン テックエディション」を設定し、8月29日より300台限定で販売を開始した。価格は449万9000円。 限定モデルは「パサート ヴァリアントTSI エレガンスライン」をベースに、純正ナビゲーションシステム「ディスカバープロ パッケージ」を装備。手のひらを画面にかざして左右にスワイプするだけでラジオ選局などの操作が行えるジェスチャーコントロール機能のほか、モバイルオンラインサービス「フォルクスワーゲン Car-Net」やリヤビューカメラ、ETC2.0対応車載器を備える。 また上級グレードのみ選択可能な「テクノロジーパッケージ」も標準装備。同パッケージにはデジタルメータークラスター「アクティブ インフォ ディスプレイ」やダイナミックライトアシスト、駐車支援システム「パークアシスト」、アラウンドビューカメラ「エリアビュー」、電子制御式ディファレンシャルロック「XDS」が含まれる。 ボディカラーはパイライトシルバーメタリック(150台)とマンガングレーメタリック(150台)の2色を用意する。

レンジローバー イヴォーク、限定モデル2種発売…安全装備充実:リリース情報

リリース情報

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、コンパクトSUV『レンジローバー イヴォーク』に特別仕様車「アドバンテージエディション」限定89台と「コンテンポラリーエディション」限定96台を設定し、8月29日より受注を開始した。価格はアドバンテージエディションが629万円、コンテンポラリーエディションが699万円。 両モデルは、「オールテレインプログレスコントロール」やインフォテインメントシステム「インコントロール タッチ プロ」などを標準装備するレンジローバー イヴォークの2017年モデルをベースに、各種ドライバー支援システムを特別装備。レーンキープアシストやドライバーコンディションモニター、自動緊急ブレーキ、駐車支援機能などを搭載し、安全性と快適性を高めている。 アドバンテージエディションは、サントリーニブラックのエクステリアカラーとエボニーのインテリアを採用し、全体を黒で統一。さらにシルバーフィニッシュの18インチ スタイル706 アロイホイールでコントラストをつけ、イヴォークのデザインを際立たせている。 コンテンポラリーエディションは20インチスタイル504アロイホイールやパノラミックルーフを装備。エクステリアカラーはメタリックカラーのカイコウラストーンとユーロンホワイトを用意し、インテリアも各色とマッチするアイボリーとエボニーを組み合わせている。

BMW 2シリーズ クーペ/カブリオレ/M2クーペ新型、内外装を一新し装備も充実:リリース情報

リリース情報

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、新型『2シリーズ クーペ/カブリオレ』および『M2クーペ』を8月29日より発売した。価格は2シリーズクーペが503万円から683万円、カブリオレが599万円から619万円、M2クーペが802万円から827万円。 新型2シリーズ クーペ/カブリオレ/M2クーペはエクステリアデザインを一新し、よりスポーティで洗練されたフォルムを実現。フロントには新世代ヘキサゴナルデザインのアダプティブLEDヘッドライトを装備し、より幅広なキドニーグリルのフレームと、大型化したエアインテークなどを採用することでワイドなデザインを際立たせている。リヤには新デザインのL字型LEDコンビネーションライトを採用し、立体感を強めたデザインとしている。 内装はよりモダンで洗練されたデザインとし、ハイグロスブラックを使用したセンターコンソールや新作のインスツルメントパネルを採用したほか、インテリアトリムにはクローム加飾を追加。またパネルの継ぎ目を最小限に抑えることで、室内空間をより広くワイドに演出し、使用する素材も高品質なものへ変更し、全体の質感も向上させている。 機能・装備面では、従来オプション設定だったアドバンスドパーキングサポートパッケージに加え、運転席と助手席のシートヒーターを標準装備化。ワイドコントロールディスプレイにはタッチパネル機能を新たに装備し、操作性と利便性を高めたほか、HDDナビのメニュー画面を改良した。そのほか、「M240i」および「M2クーペ」にはBMWコネクテッドドライブを標準装備。さらに、M2クーペには7スピーカー搭載のHiFiサウンドシステムを標準装備とした。

トヨタ クラウン アスリート に特別仕様、ペダル踏み間違い事故の被害を軽減するICS装備:リリース情報

リリース情報

トヨタ自動車は、『クラウン アスリート』シリーズに特別仕様車「J-フロンティア リミテッド」を設定し、8月28日より販売を開始した。価格は454万6800円から519万4800円。 特別仕様車は、アクセルペダル踏み間違い時の衝突被害軽減に寄与する安全機能インテリジェントクリアランスソナー(ICS)を特別装備。外観は漆黒メッキ加飾を施したフロントグリルをはじめ、ブラック塗装のフロントフォグランプベゼルやリヤバンパーロアスポイラーに加え、随所にダークスモークメッキ塗装を施すなど、黒を基調としたアクセントを取り入れ、スポーティさと力強さを高めている。 内装にはブラックレイヤーウッドステアリング(本杢目)のほか、滑らかな風合いのウルトラスエードと本革を組み合せた専用シート表皮(特別設定色アイアンブラック)などを採用し、シックで落ち着いた室内空間を創出。さらに、アルミペダル(アクセル・ブレーキ)を特別装備し、スポーティさを強調している。 なお今回の特別仕様車は、経済産業省、国土交通省など政府が官民連携で推奨する安全運転サポート車のうち、高齢運転者に特に推奨する「セーフティ・サポートカーS(サポカーS)」の「ワイド」に相当する。

ページの先頭へ