ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、新型『2シリーズ クーペ/カブリオレ』および『M2クーペ』を8月29日より発売した。価格は2シリーズクーペが503万円から683万円、カブリオレが599万円から619万円、M2クーペが802万円から827万円。 新型2シリーズ クーペ/カブリオレ/M2クーペはエクステリアデザインを一新し、よりスポーティで洗練されたフォルムを実現。フロントには新世代ヘキサゴナルデザインのアダプティブLEDヘッドライトを装備し、より幅広なキドニーグリルのフレームと、大型化したエアインテークなどを採用することでワイドなデザインを際立たせている。リヤには新デザインのL字型LEDコンビネーションライトを採用し、立体感を強めたデザインとしている。 内装はよりモダンで洗練されたデザインとし、ハイグロスブラックを使用したセンターコンソールや新作のインスツルメントパネルを採用したほか、インテリアトリムにはクローム加飾を追加。またパネルの継ぎ目を最小限に抑えることで、室内空間をより広くワイドに演出し、使用する素材も高品質なものへ変更し、全体の質感も向上させている。 機能・装備面では、従来オプション設定だったアドバンスドパーキングサポートパッケージに加え、運転席と助手席のシートヒーターを標準装備化。ワイドコントロールディスプレイにはタッチパネル機能を新たに装備し、操作性と利便性を高めたほか、HDDナビのメニュー画面を改良した。そのほか、「M240i」および「M2クーペ」にはBMWコネクテッドドライブを標準装備。さらに、M2クーペには7スピーカー搭載のHiFiサウンドシステムを標準装備とした。