ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、「740i Mスポーツ/750Li Mスポーツ」をベースに専用の内外装装備を採用した『7シリーズ』40周年記念モデル「40 Jahre(フィアツィッヒ・ヤーレ)」を設定し、3月1日より14台限定で販売を開始した。

40 Jahreは、専用に調合された特別なボディカラーを採用するとともに、手作業で丹念に仕上げられた内装装備よって、7シリーズの優美なデザインを際立たせている。

740i 40 Jahreは、気品あるホワイトの色調が都会に映えるフローズンシルバー・メタリックを身にまとい、スモークホワイトにブラックのアクセントが添えられたBMWインディビジュアル フルレザーメリノのシートを採用することで、先進性を表現している。

750Li 40 Jahreは、優美なブルーの色調に深いグリーンがほのかに輝く、7シリーズ伝統のペトロールマイカを採用。内装には、スモークホワイトにコイーバという深いブラウンのアクセントを加えたシートを採用することで、BMWのフラッグシップモデルとして洗練された7シリーズの美しさと格式を際立たせている。

さらに、ヘッドレストとインテリアトリムには「40 Jahre」の文字が刻まれ、40年の歴史を飾るに相応しい特別車としての空間を演出している。

価格は740i 40 Jahreが1862万円、750Li 40 Jahreが2228万円。
Source: MOTOR DAYS 最新コンテンツ