ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、航続距離約400kmを実現した電気自動車(EV)『i3』の新型モデルを1月15日より販売を開始した。価格は538万円から595万円。レンジエクステンダー装備車は49万円高。

BMW i3は2014年4月に発売。量産車として初めてCFRP(カーボンファイバー強化樹脂)を基本骨格に採用し、徹底的な軽量化を図ったほか、2016年10月には、大容量33kWhの新開発リチウムイオンバッテリーを搭載し、一充電走行距離を70%アップの390kmを実現している。

新型i3は、フロントに横長のLEDターンインジケーターとともに、ワイドな印象を強調する新フロントバンパーを搭載し、LEDヘッドライトを全モデルに標準装備。リヤも新デザインのバンパーを採用し、存在感のある直線に引かれたマットクローム加飾が先進的な個性を主張している。サイドは、シルバーの加飾がフロントのピラーからルーフに沿って滑らかな曲線を描くように配置。モダンで洗練されたデザインとなった。
Source: MOTOR DAYS 最新コンテンツ