ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、高性能コンパクトスポーツモデル『M2クーペ』をベースに、黒をテーマにして様々な特別装備を搭載することでモデルの個性と存在感を際立たせた「M2クーペ エディション ブラックシャドウ」を設定し、5月22日より受注を開始、7月以降に納車開始を予定している。

BMW M2クーペ エディション ブラックシャドウは、ブラックサファイアのボディカラーをベースに、BMW M社がモータースポーツの技術を反映して開発した、Mパフォーマンスパーツを多数採用している。フロントデザインの要ともなるBMW Mパフォーマンス ブラックキドニーグリルをはじめ、軽量なカーボン素材を採用したリヤデフューザー(専用装備)やミラーカバー、専用装備のブラッククローム仕上げのエキゾーストパイプなどすべてブラックで統一し、プレミアムな高性能モデルに相応しいアイテムを装備することで、漆黒に煌めく独特の存在感を放っている。さらに、足元はブラック塗装された専用の19インチBMW Mパフォーマンス アロイホイール Yスポークスタイリング763M(鍛造)を装備し、サーキットでも街中でも映える、BMW M2クーペの個性が際立つモデルに仕上がっている。

内装も、ブラックの中にスポーティさを演出するブルーステッチをアクセントとする、ダコタレザーシートを採用し、BMW Mモデルを象徴する3色のラインが入ったBMW Mシートベルトと共に、スポーティな世界観を演出している。

価格は894万円。
Source: MOTOR DAYS 最新コンテンツ