ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は2月20日、高性能スポーツカー『M3コンペティション』をベースにサーキットでのパフォーマンスを高めた『M3 CS』を全国30台限定で販売を開始した。価格は1578万円。

最高出力460馬力、最大トルク600Nmを実現する3リットル直列6気筒直噴ターボエンジンを搭載し、BMW M3コンペティションよりも最高出力を10psアップし、トルクも50Nm増大。これにより、スーパースポーツカー並みの走行性能を実現し、0~100km/hの発進加速タイムは3.9秒となっている。

4本のテールパイプ付きツインフロースポーツエグゾーストシステムを装備することで、躍動感あるデザインをより強調するとともに、BMW Mモデル特有のスポーティなエンジンサウンドを生み出す。また、CSモデル専用に調整されたアダプティブMサスペンションや、アクティブMディファレンシャルによって、各システムの介入程度等を細かく調整可能なため、ドライバーの要求に応じて、サーキット走行から街中での安定した日常走行まで愉しむことができる。

外装は、BMW M3 コンペティションの存在感と躍動感を活かしながら、CFRP製の専用フロント/リヤ・スポイラーや、リヤディフューザーを採用することで、スポーティな個性をより強調するとともに、軽量化と路面への密着性を高めることで走行性能を向上させている。また、CSモデル用に専用開発されたオービットグレイの軽量化鍛造アロイホイールを、フロント19インチ、リヤ20インチで装備。高い走行性能を高次元でサポートするとともに、デザインはドイツツーリングカー選手権(DTM)のスタイルから発想されたもので、BMW 2002のオマージュのようなカラーテーマとともに、サーキットに映える特別な演出となっている。

内装には、軽量化されたセンターコンソールを採用することで、高い走行性能をサポート。シートには、スポーティで洗練されたブラックを基調とし、シルバーのアクセントが添えられたブラック&シルバーストーンのメリノレザーシートを採用するとともに、「M3 CS」と刻まれた専用レタリングによって特別なモデルであることを印象付けている。
Source: MOTOR DAYS 最新コンテンツ