ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、西日本地区限定の特別限定車「X1 xDrive18d アーバニスタ」を、西日本地区のBMW正規ディーラーにて、2月21日より販売を開始する。価格は511万円。

今回の特別限定車は、街中からアウトドアまで柔軟な走行性能を発揮する「X1 xDrive18d xLine」がベースとなる。ボディカラーには、スポーティさと優美な美しさが調和するミネラルホワイト、落ち着いた深みが都会に上品に映える現行X1では日本未導入のスパークリングブラウン(専用色)、スポーティな個性を際立たせた現行X1では日本未導入のサンセットオレンジ(専用色)の3種類をラインアップ。さらにサイドウインドウフレームには、サテンアルミニウムモールディングをアクセントとして採用することで、洗練されたデザインをより強調するモデルとなっている。

また、各ボディカラーと美しいコンビネーションを織り成す、ブラックを基調とした内装に、モカまたはブラックのダコタレザーシートと専用のウッドトリムを採用。さらにシリアルナンバーが付いた限定車バッチが限定車ならではの特別感を演出している。

さらに、最新のアクティブクルーズコントロールやBMWヘッドアップディスプレイを含むアドバンスドアクティブセーフティパッケージを装備することで安全性と快適性を兼ね備えるとともに、コンフォートパッケージやハイラインパッケージなど充実の装備を多数搭載したモデルとなっている。
Source: MOTOR DAYS 最新コンテンツ