プジョー・シトロエン・ジャポンは、ミニバンから7人乗りSUVに生まれ変わった新型プジョー『5008』を9月25日より発売した。価格は5008 アリュールが404万円、5008 GT ブルーHDiが454万円。 新型5008は新プラットフォーム「EMP2」を採用し、ボディサイズは全長4640×全幅1840(1860mm:GT)×全高1650mm、ホイールベースは2840mm。全幅・全高は『3008』と同等レベルだが、ホイールベースを165mm、全長を190mm延長し、ボディサイズを拡大。大人7人がゆったりと座れる3列シートを確保した。2列目シートは独立3座でそれぞれ15cmの前後スライドと5段階のリクライニングが可能。荷室容量は5人乗車時では762リットル(VDA法)、2列目シートを畳んだ2人乗車では1862リットルの積載容量を実現。またパッセンジャーシートバックまで倒すと、約3.2mの長尺物も積載できる。 5008 アリュールは最高出力165ps、最大トルク240Nmを発生する1.6リットル直4ガソリンターボを、5008 GT ブルーHDiは同180ps/400Nmの2リットル直4ディーゼルターボを搭載。EAT6との組み合わせで、1550?1690kgのボディを軽快に加速させる。 5008 GT ブルーHDiは路面に対して最適なトラクション制御を行う「アドバンストグリップコントロール」を搭載し、FWDながら優れた悪路走破性を獲得。両グレードともに、アクティブセーフティブレーキ、アクティブクルーズコントロール、レーンキープアシスト、アクティブブラインドスポットモニターシステムなどの安全機能や電動テールゲートなど快適機能を装備する。