フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は、日本における新たなフラッグシップモデル、新型『アルテオン』を10月25日より発売する。 新型アルテオンは、フォルクスワーゲン(VW)の魅力を凝縮したフラッグシップモデルとなる、アバンギャルドなグランドツーリングカー。流麗かつダイナミックなファストバックデザインは、セダンの快適性、ステーションワゴンの機能性、クーペのスタイリッシュさを兼ね備えている。 ボディサイズは全長4865mm×全幅1875mm×全高1435mm。『パサート』よりも一回り大きく、さらに2835mmもの長いロングホイールベースを確保することで、広大な室内空間を提供している。 パワートレインは、最大出力280ps、最大トルク350Nmを発生する2.0リットルTSIエンジンに四輪駆動の4モーションを採用。トランスミッションは、新型『ゴルフR』に採用したものと同じ最新の湿式7速DSGを搭載することで、優れた動力性能を楽しむことができる。 また、新型アルテオンは、VWの最新技術を集約したテクノロジーショーケースとしての一面も。最新のデジタルインターフェースはもちろんのこと、VWオールイン・セーフティに基づき、日本では初採用となる「デイタイムランニングライト」のほか、後方からの衝突にも対応する機能が強化された「プロアクティブ・オキュパント・プロテクション」やデジタルメータークラスター「アクティブインフォディスプレイ」などの先進テクノロジーや、渋滞時追従支援システム「トラフィックアシスト」などの自動運転を見据えた運転支援システムを数多く採用している。 グレードは、「R-ライン 4モーション」「R-ライン 4モーション アドバンス」の2グレード。ボディカラーは新色のチリレッドメタリックを含む全6色展開。価格は「R-ライン 4モーションが549万円、R-ライン 4モーション アドバンスが599万円。