フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は、『ゴルフ トゥーラン』に最新運転支援システムなどを装備した特別限定車の第2弾「ゴルフ トゥーラン TSI コンフォートライン テックエディション2」を設定し、10月3日より販売を開始した。価格は386万5000円。 テックエディション2は、先行車との車間を自動的に制御して追従走行する「アダプティブクルーズコントロール」や高速道路等での渋滞時追従支援システム「トラフィックアシスト」といった第1弾の装備に、車線変更を安全にサポートする「サイド アシスト プラス」や出庫時の後方安全確認を支援する「リヤトラフィックアラート」を新たに加わえることで、安全性をさらに向上。さらにシートヒーターを特別装備し、快適性を高めた。 また、前回好評だったイージーオープン機能付パワーテールゲート、駐車支援システム「パークアシスト」に加え、前進や後退時の衝突軽減ブレーキ機能を追加した「パークディスタンスコントロール」を標準装備。買い物や子どもの送迎など街中での移動、駐車や荷物の出し入れをする機会が多いファミリーや運転に自信のない人にも安心、快適な使い勝手を提供する。 ボディカラーはアトランティックブルーメタリック(150台)とトゥーランには初設定となるオリックスホワイト マザーオブパールエフェクト(150台)の2色を設定。販売台数は300台。