フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は、ミッドサイズセダン/ステーションワゴン『パサート/パサート ヴァリアント』に、最新世代2リットルターボディーゼル搭載車を初導入。2月14日より販売を開始した。

ラインアップは、内外装と機能装備を充実させた「TDI エレガンスライン」とさらなる上級装備を装着した「TDI ハイライン」の2グレードを各モデルに設定。価格は422万9000円から509万9000円。

今回導入した「パサート/パサート ヴァリアント TDI」は、最高出力190ps、最大トルク400Nmを発生する最新の新世代2リットルターボディーゼルエンジンを搭載。6速DSGとの組み合わせで優れた加速性能を発揮するとともに、低燃費および低CO2の双方を実現している。

また、排ガス後処理システムとして酸化触媒、SCR(選択触媒還元)、DPF(ディーゼルパティキュレートフィルター)などを採用することで、ポスト新長期排ガス規制に適合。クリーンディーゼル車としてエコカー減税の対象となっている。
Source: MOTOR DAYS 最新コンテンツ