フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は、ステーションワゴン『パサート ヴァリアント』に特別仕様車「エレガンスライン テックエディション」を設定し、8月29日より300台限定で販売を開始した。価格は449万9000円。 限定モデルは「パサート ヴァリアントTSI エレガンスライン」をベースに、純正ナビゲーションシステム「ディスカバープロ パッケージ」を装備。手のひらを画面にかざして左右にスワイプするだけでラジオ選局などの操作が行えるジェスチャーコントロール機能のほか、モバイルオンラインサービス「フォルクスワーゲン Car-Net」やリヤビューカメラ、ETC2.0対応車載器を備える。 また上級グレードのみ選択可能な「テクノロジーパッケージ」も標準装備。同パッケージにはデジタルメータークラスター「アクティブ インフォ ディスプレイ」やダイナミックライトアシスト、駐車支援システム「パークアシスト」、アラウンドビューカメラ「エリアビュー」、電子制御式ディファレンシャルロック「XDS」が含まれる。 ボディカラーはパイライトシルバーメタリック(150台)とマンガングレーメタリック(150台)の2色を用意する。